歯肉出血

出典: meddic

gingival bleeding, ulorrhagia
歯肉



和文文献

  • 症例報告 歯肉出血後,急速な死の転帰を辿った急性前骨髄性白血病の1例
  • 渡邉 由裕,清水 香澄,永田 心 [他]
  • 日本口腔内科学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Oral Medicine 19(1), 8-13, 2013-06
  • NAID 40019816809
  • 歯肉出血を契機に発見された先天性第Ⅹ因子欠乏症の1例
  • 榎本 愛,長谷川 温,渡辺 正人 [他]
  • 日本口腔外科学会雑誌 = Japanese journal of oral and maxillofacial surgery 59(5), 362-366, 2013-05
  • NAID 40019694719
  • 唾液マーカーと口腔内自覚症状との関係 : 歯周病スクリーニングにおける予備的研究
  • 角田 衣理加,井田 亮,野邑 ひろみ [他],玉置 洋,阿保 備子,大塚 良子,村田 貴俊,野村 義明,花田 信弘
  • 口腔衛生学会雑誌 62(4), 391-396, 2012-07-30
  • … μg/ml)であった.歯肉からの出血・排膿の有無で,歯肉出血が「ある」と答えたグループのHbの平均値が「ない」と答えたグループよりも明らかに高かった(p<0.05).また,口腔乾燥感の質問で,口腔乾燥感が「ある」と答えたグループのHbの平均値が「ない」と答えたグループよりも明らかに高かった(p<0.01).また,自覚症状を有する群のLD値が歯の動揺,歯肉出血・排膿,歯肉腫脹,咀嚼困難,口腔乾燥感,口臭の …
  • NAID 110009489302

関連リンク

気になる歯肉から出血は、歯肉の炎症などによる、口内での病気からくるものや、骨髄や血液の病気で、出血しやすくなる事が原因の場合などがあります
歯肉出血 定義 考慮すべきこと 一般的原因 家庭での治療 医師に相談 診察室での処理 画像 定義 歯肉から頻繁に出血すること 考慮すべきこと 歯肉出血の多くは、自己加害損傷(硬い歯ブラシの使用や強すぎるブラッシングなど ...

関連画像

壊血病-歯肉出血白血病による歯肉出血辺縁歯肉(歯の根元に近い歯肉 歯肉からの出血がある患者さん 歯肉出血を主訴に来院 で歯茎(歯肉)から出血する


★リンクテーブル★
国試過去問106I045」「089B087
リンク元100Cases 52」「gum bleeding」「gingival bleeding」「gingival hemorrhage
関連記事歯肉」「」「出血

106I045」

  [★]

  • 68歳の女性。皮膚の出血斑を主訴に来院した。打撲した記憶がないにもかかわらず、数か月前から両側の手背と前腕とに出血斑が見られることが気になっていたという。鼻出血歯肉出血とを認めない。口腔粘膜点状出血を認めない。両側の手背と前腕とに径 5cmの紫斑を3個認める。血液所見:赤血球468万、 Hb13.9g/dL、 Ht42%、白血球6,300、血小板20万、 PT98%(基準80-120)、 APTT33秒(基準対照32)。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106I044]←[国試_106]→[106I046

089B087」

  [★]

  • 乳児の無機質の欠乏症状で誤っている組み合わせはどれか?

100Cases 52」

  [★]

☆case52 全身性筋力低下
glossary
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
denture 義歯
leg 脚、下肢
bruising 打撲打撲傷
hair follicle 毛包
edentulous adj. 歯のない。歯を失った、全歯欠損
症例
82歳、男性
主訴筋力低下全身倦怠感
現病歴:(以前から続く)筋痛関節痛(特に肘、手首、膝)。3週間前に転倒して足を打ち、足に局所的な痛みがある。喫煙歴なし。飲酒歴なし。服用薬なし。
既往歴:12年前に心筋梗塞になった。心筋梗塞βブロッカー処方されていたが、過去6年間は処方薬を持ってなかった。20年前に胆嚢摘出術
家族歴
社会歴労働者として働いていた。63歳に退職。2階のアパート(in a second-floor flat)に単身で住んでいる。妻は5年前に死亡。息子が一人おり、アイルランドに在住している。息子とは3年間会っていない。
診察 examination
 肢帯周辺の筋肉圧痛。肘、手首、肘周辺にも圧痛。口には異常がないが舌がかなり平坦化。歯はなく、義歯は無くしている。循環器系呼吸器系消化器系に異常なし。下肢では右脚の脛の前面に(superficial laceration)が認められる。このlacerationは血かにじみ出ており治癒していない。下肢には出血斑が認められる部分がある。腕や脚に打撲傷がみとめられる広い範囲がある。彼が言うには、この打撲傷はどんな外傷とも関係がないとのことである。
検査 investigation
 ヘモグロビン低値MCV低値
■答え
(第一パラグラフ)
dietary history重要historyの中でも重要部分
・特に今回のような症例では重要
・今回の症例では、多くの特徴栄養的問題を示している。
 ・家族援助が無く、5年間widowerである。
 ・2階のアパートに独りで住んでいる。get outが困難である。
 ・義歯を無くしており、食べるのが痕案である。
(第二パラグラフ)
凝固異常関係しうる点状出血皮疹(petechial rash)が見られるが、血小板数正常
毛包の周りに分布しているかどうかを見るために皮疹を注意深く診察することが重要。 ← どういうこと?
・多くの特徴壊血病示唆
体内ビタミンCストックは2-3ヶ月。
壊血病特徴皮疹筋肉関節の痛みと圧痛、創傷治癒遅延小球性貧血
全歯欠損している患者では、古典的壊血病特徴である歯肉出血はないであろう(would not be present)
(第三パラグラフ)
・血清中のビタミンCレベル正常患者で広い範囲にあるので、測定は難しい。
・この患者ではアスコルビン酸を経口的ビタミンCレベル正常に戻すことで(replacement)することで、2週間で症状が消えた。
・この状況で(in this situation)、他の栄養欠乏を探したり、退院後再発しない状況保証するための手続きをすることが重要である。
■KEY POINTS
・特に老人では栄養歴は臨床的評価に入れるべき
ビタミン不足はあらゆる栄養吸収不良の問題がない場合、貧しい食生活を送っている患者に起こる。


gum bleeding」

  [★]

  • 歯肉出血
gingival bleedinggingival hemorrhage

gingival bleeding」

  [★]

  • 歯肉出血
gingival hemorrhagegum bleeding

gingival hemorrhage」

  [★]

  • 歯肉出血
gingival bleedinggum bleeding


歯肉」

  [★]

gum (Z)
gingiva (Z)
歯齦


臨床関連


血」

  [★]

blood, (漢方)blood and body fluid energy
血液血中


出血」

  [★]

hemorrhage, bleeding
出血量





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡