止血剤散布法

出典: meddic

関連リンク

薬剤散布法. 0.1%ボスミン液(例 エピネフリン0.2mg+生理食塩水20ml)、トロンビン、 アルト(アルギン酸ナトリウム)などの止血剤を出血部に散布する方法です。急性胃粘膜 病変や生検(細胞の採取)後の出血に有効ですが、露出血管例には無効です。
食道静脈瘤硬化療法 使用する機器 内視鏡,穿刺針,硬化剤,装着バルーン 4.消化管 出血に対する治療 1局注療法 2止血剤散布法 3ヒートプローブ法 4レーザー止血法 5 クリップ止血法 5.消化管狭窄に対する治療 原則的に良性のものが対象 (腐食性食道 ...

関連画像

図3クリップ内視鏡を用い超音波を体内から 止血に用いられるクリップ


★リンクテーブル★
関連記事止血剤」「散布」「止血」「

止血剤」

  [★]

hemostatic drughemostatichemostathaemostat
止血性止血薬

商品

散布」

  [★]

spraybroadcastapplicationbroadcast
応用スプレー適用噴霧申し込み噴霧剤処理施用アプリケーション放送ばらまく

止血」

  [★]

hemostasis
  • 血管が損傷した場所にplatelet plugを作る
plate plugを強固にするために、凝固カスケードを働かせて血栓を作る



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡