次没食子酸ビスマス

出典: meddic

bismuth subgallate
bismuthi subgallas
デルマトール dermatol
ヘルミチンS
止痢薬次サリチル酸ビスマス、次没食子酸、ビスマス



参考

[display]http://www.genome.jp/kusuri/japic_med/show/00012130
[display]//

添付文書

  • デルマトール「ホエイ」
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2649715X1117_2_01/2649715X1117_2_01?view=body


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

デルマトールとは?次没食子酸ビスマスの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
ビスマス塩類(次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)1日3〜20gの連続経口投与(1カ月〜数年間)により、間代性痙れん、昏迷、錯乱、運動障害等の精神神経系障害(初期症状:不安、不快感、記憶力減退、頭痛、無力感、注意力 ...
gooヘルスケア薬検索。次没食子酸ビスマス 薬検索。副作用、薬価、妊婦の妊娠中服用における安全性、使用上の注意など。薬 次没食子酸ビスマス 薬検索:[アミノ安息香酸エチルの適応症]外傷・熱傷・日焼け・皮膚潰瘍・掻痒症 ...

関連画像

] (亜鉛 / 次没食子酸ビスマス  次没食子酸ビスマス、ペルー 次没食子酸ビスマス「ヤマゼン 次没食子酸ビスマス「ヤマゼンアクロミンカプセルA 次没食子酸ビスマス原末 次没食子酸ビスマス 次没食子酸ビスマス「ヤマゼン

添付文書

薬効分類名

  • 止しゃ剤、収れん・保護剤

販売名

次没食子酸ビスマス シオエ

組成

成分・含量 (1g中)

  • 日本薬局方 次没食子酸ビスマス 1g

効能または効果

(経口)


  •   下痢症
  • 次没食子酸ビスマスとして、通常成人1日1.5?4gを3?4回に分割経口投与する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

(外用)


  •   次の疾患並びに状態における乾燥・収れん・保護

   きわめて小範囲の皮膚のびらん及び潰瘍、痔疾

  • 通常、そのまま散布剤として使用するか、5?10%の散布剤、軟膏又はパスタとして使用する。

慎重投与

(経口)

  • 便秘の患者、結腸瘻造設術、回腸瘻造設術又は人工肛門造設術を受けた患者、消化管憩室のある患者[ビスマスが吸収され、重大な副作用が起こるおそれがある。]

(外用)

  • 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

重大な副作用

(経口)
  精神神経系

  • ビスマス塩類 (次硝酸ビスマス、次没食子酸ビスマス)1日3?20gの連続経口投与 (1ヵ月?数年間)により、間代性痙攣、昏迷、錯乱、運動障害等の精神神経系障害 (初期症状:不安、不快感、記憶力減退、頭痛、無力感、注意力低下、振戦等)があらわれたとの報告がある。これらの報告によれば、症状は投与中止後、数週間?数ヵ月で回復している。

(外用)
  精神神経系

  • ビスマス含有の外用剤の長期連続使用 (約10年間)で、頭痛、記憶力減退、集中力低下、振戦、間代性痙攣、昏迷、運動障害等の精神神経系障害があらわれたとの報告がある。これらの報告によれば、症状は使用中止後、数週間?数ヵ月で回復している。

薬効薬理

  • 本薬は組織たん白と結合し、消化管粘膜に被膜を形成することにより粘膜の感受性を低下し、二次的にぜん動運動を抑制する。また腸内硫化水素と結合し、ガス刺激を緩和する。これらの作用により止瀉作用を現す。また外用では収れん、防腐、乾燥の作用を有する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • 次没食子酸ビスマス (Bismuth Subgallate)

性状:

  • 本品は黄色の粉末で、におい及び味はない。

本品は水、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品は希塩酸、希硝酸又は希硫酸に温時溶け、また本品は水酸化ナトリウム試液に溶けて黄色澄明の液となり、その色は速やかに赤色に変わる。
本品は光によって変化する。 ■


★リンクテーブル★
先読みdermatol
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」「次サリチル酸ビスマス」「ヘルミチンS」「ヘルミチン」「bismuthi subgallas
関連記事」「ビスマス」「没食子酸」「マス

dermatol」

  [★]

dermatologicaldermatology


鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


次サリチル酸ビスマス」

  [★]

bismuth subsalicylate
PEPTO-BISMOL Pepto-Bismol, Bismatrol
次没食子酸ビスマス
  • Bismuth subsalicylate is 2-Hydroxybenzoic acid bismuth (3+) salt

作用機序 SPC.311

  • ビスマス剤:ビスマス塩のうち、水に不溶のものは、内服によって胃酸中和、胃腸粘膜の被覆保護などの作用を呈するほか、全腸管に渡って収斂作用を表す。ビスマス剤はまた腸内のH2Sと結合し、その蠕動作用も除くので、確実な制瀉薬として作用する。ビスマス製剤として次硝酸ビスマス次没食子酸ビスマス次サリチル酸ビスマスなどが用いられる

参考

[display]http://www.asahi-net.or.jp/~yq6k-srtn/kusurishishayaku.htm
[display]http://www.rxlist.com/helidac-drug.htm
  • 詳しい。英語
[display]https://members.kaiserpermanente.org/kpweb/drugency/drugdetails.do?drugID=299464&name=Bismuth%2BSubsalicylate%2B525%2Bmg%2F15%2BmL%2BOral%2BSusp&index=true
[display]http://www.drugs.com/mmx/bismuth-subsalicylate.html
  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Bismuth_subsalicylate
-bismuth subsalicylate


ヘルミチンS」

  [★] リドカインアミノ安息香酸エチル次没食子酸ビスマス

痔疾用剤


ヘルミチン」

  [★] アミノ安息香酸エチルリドカイン次没食子酸ビスマス


bismuthi subgallas」

  [★] 次没食子酸ビスマス


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ビスマス」

  [★]

bismuthBi
次没食子酸ビスマス


没食子酸」

  [★]

gallic acidgallate
没食子酸塩


マス」

  [★]

trout
チャーイワナ属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡