機能的再組織

出典: meddic

functional reorganization
国際生活機能分類

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ところが、官僚制には、社会学者マートンによる「意図せざる結果としての逆機能(Wikipedia)」を有しており、時に、マイナスの結果をもたらすことが指摘されている。 それが、機能的か、逆機能的かは、組織を取り巻く環境により ...
機能的な組織作りのためのマネジメントは、名作映画で学ぼう! 世の中にはさまざまなマネジメントの手法がありますが、その本質をあぶり出せば「組織をいかにして機能的にするか」「組織をどうやって目的に向けて効率的に動かす ...

関連画像

歯科における再生治療について有組織的排列就會漂亮 Kontor 有組織的排列就會漂亮 Kontor 多細胞生物組成的層次關係有組織的排列就會漂亮 Kontor 有組織的排列就會漂亮 Kontor


★リンクテーブル★
先読み国際生活機能分類
関連記事組織」「機能」「機能的

国際生活機能分類」

  [★]

International Classification of Functioning, Disability and Health, ICF

目的と意義

  • 医学モデルと社会モデルを統合した生きることそのもののモデル
  • プラス面によるマイナス面の克服
  • 相互作用の重視
  • 専門家(医療人)と当事者、家族の共通言語
  • 専門家(医療・教育・福祉など)の共通言語
  • 生活行為向上訓練を中心としたリハビリテーションによる潜在的な生活能力の開発
機能回復訓練ではなく生活行為向上訓練

ICFモデル

  • 健康である状態を前提として、問題が生じた状態を見る。
  • 生活機能背景因子を評価。
  • 生活機能心身機能・身体構造(生物レベル)活動(個人レベル)参加(社会レベル)でとらえている。
  • 1. 心身機能・身体構造  →  機能障害 :精神・身体機能の障害(ex. 脳血管障害後遺症による下肢麻痺)
  • 2. 活動  →  活動制限        :活動における能力の制約(ex. 麻痺で歩くことができない)
  • 3. 参加  →  参加制約      :社会的な参加における制約(ex. 歩くことができないのでイベントに参加できない、片麻痺により歩行困難で休職中)
  • 背景因子(環境因子、個人因子)は個人の健康状態に影響を与えている。
  • 環境因子(人々が生活する上での物的・社会的環境)
  • 個人因子(性別、人種、年齢、体力、ライフスタイル、習慣など、個人の生活や生活の特別な背景)
  • 健康状態、生活機能、および背景因子に含まれる諸因子が相互に影響している

参考

  • 1. 「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」(日本語版)の厚生労働省ホームページ掲載について
[display]http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html
  • 2. 国際生活機能分類/国際障害分類
[display]http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/glossary/ICF.html
  • 3. 英文PDF ICIDH-2 International Classification of Functioning, Disability and Health FINAL DRAFT Full Version
[display]http://www.sustainable-design.ie/arch/ICIDH-2Final.pdf

国試


組織」

  [★]

tissue
textus
  • 何種類かの決まった細胞が一定のパターンで集合した構造の単位のこと。
  • 全体としてひとつのまとまった役割をもつ。

分類

  • 上皮組織
  • 支持組織
  • 筋組織
  • 神経組織




機能」

  [★]

関数官能基機能性機能的作動手術操作官能性機能上運用操縦




機能的」

  [★]

functionalfunctionally
官能基機能機能性機能上




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡