機械走査法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 人体用超音波診断装置の動向

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 機械走査型超音波顕微鏡の用語解説 - 試料を機械的に移動し観察点を変化させ,音響像をブラウン管上に表示する。像形成の原理から機械走査型超音波顕微鏡といわれる。他の方法には平面超音波が用いられる。
示差走査熱量計(DSC)の原理と応用 概要 示差走査熱量計(DSC)は、一定の熱を与えながら、基準物質と試料の温度を測定して、試料の熱物性を温度差として捉え、試料の状態変化による吸熱反応や発熱反応を測定する装置です。

関連画像

図3 光学系の機械走査に基づく 走査型プローブ顕微鏡法(SPM 機械走査式IVUS(血管内超音波 水中でクラゲのように動く8本


★リンクテーブル★
関連記事」「走査」「機械

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


走査」

  [★]

走査型調査スキャニングスキャン


機械」

  [★]

machinemechanic
器械職工装置マシーン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡