横隔膜粗動

出典: meddic

diaphragmatic flutter


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 連合弁膜症に伴つた横隔膜粗動の1例
  • 広沢  弘七郎,対馬  敏夫,斉藤  明子,楠本  雅子,下重  康子,宮地  幸隆
  • 東京女子医科大学雑誌 36(5), 262-262, 1966-05-25
  • 東京女子医科大学学会第136回例会 昭和41年2月25日(金) 東京女子医科大学本部講堂
  • NAID 120002363957

関連リンク

2011年5月20日 ... AJRCCMのデザインがかわったのか、非常に見にくくなったと感じるのは私だけだろうか? Case reportでLeeuwenhoek's disease(横隔膜粗動) がビデオつきで紹介されていたが 、不勉強のためこの病態を知らなかった。 ...

関連画像

胸膜の構造と解剖学 ~壁側 カテーテルアブレーション カテーテルアブレーション 気管・気管支の解剖学 呼吸器系の解剖学・生理学の


★リンクテーブル★
関連記事横隔膜」「隔膜

横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡