横隔膜欠損

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 妊娠中に成人Bochdalek孔ヘルニアを発症した1例
  • 山本 円,松岡 俊英,矢田 千枝,小林 彩,谷崎 優子,北野 玲,馬淵 泰士,八木 重孝,岩橋 正明,南 佐和子,井箟 一彦
  • 産婦人科の進歩 64(3), 331-338, 2012
  • … CTで左胸腔内に拡張した胃泡,腸管,脾臓を認め,縦隔は右方へ偏位していた.横隔膜ヘルニアの診断で緊急手術を施行した.左横隔膜背外側に横隔膜欠損部を認め,胃,大腸,脾臓,大網が欠損部から胸腔内へ脱出していた.脱出臓器を還納し横隔膜欠損部を縫合した.術後経過は良好であり,妊娠37週時に選択的帝王切開術を施行し2801gの男児を得た.妊娠中のヘルニアの診断および手術的治療, …
  • NAID 130001890045
  • 臨床経験 多発横隔膜欠損孔からの突出により分葉状横隔膜腫瘤が疑われた肝ヘルニア
  • 川久保 雅祥,野守 裕明
  • 胸部外科 63(9), 813-817, 2010-08
  • NAID 40017229132
  • 腹腔鏡下噴門再形成術後に発症した横隔膜ヘルニアの1例
  • 五藤 周,内田 広夫,北野 良博,川嶋 寛,佐藤 かおり,吉田 真理子,石丸 哲也,岩中 督
  • 日本小児外科学会雑誌 46(4), 787-790, 2010-06-20
  • … 院した.胸腹部造影CTで左胸腔内に脱出する横行結腸を認め,横隔膜ヘルニア嵌頓と診断し,緊急開腹手術を施行した.術中,食道裂孔左側に約1.5cmの小さな横隔膜欠損を認め,同部位から横行結腸が胸腔に脱出していた.脱出腸管を腹腔内に戻し,横隔膜欠損部は縫合閉鎖した.2回の腹腔鏡手術のビデオを詳細に検討すると,腹腔鏡下噴門再形成術中にlaparoscopic coagulating shears(LCS)による横隔膜熱傷が認められ,同 …
  • NAID 110007657532

関連リンク

横隔膜の部分的な欠損や弱い部分を通してお腹の臓器が胸に飛び出した状態を横隔膜ヘルニアといいます。 横隔膜のヘルニアには1)胸腹裂孔ヘルニアまたはボホダレック(Bochdalek)孔ヘルニア、2)胸骨後ヘルニアまたはモルガニ(Morgani ...
1. 概要 新生児横隔膜ヘルニアは、横隔膜の先天的な欠損により、腹腔内臓器が胸腔内へ脱出して生じる先天性疾患である。胎児期から胸腔内に脱出した腹腔内臓器の程度に応じて肺低形成を伴ううえ、出生後には様々の程度の肺高血圧 ...
横隔膜ヘルニアは、胎生8週頃に形成される横隔膜の形成不全により生じた種々の欠損部位から腹腔内臓器が胸腔内に脱出する内ヘルニアである。発生部位により、胸腹裂孔(Bochdalek孔)ヘルニア・傍胸骨裂孔(Morgani孔)ヘルニア ...

関連画像

図5:左横隔膜全欠損例先天性?横隔膜ヘルニアの 先天性横隔膜ヘルニア心横隔膜ヘルニア(猫)重症度の判定 : 肺胸郭断面積 Congenitaldiaphragmatichernia


★リンクテーブル★
関連記事横隔膜」「欠損」「隔膜

横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






欠損」

  [★]

欠損症
異常遺伝子欠失、欠く、欠失欠損症欠点欠乏欠乏症欠乏性欠落削除、除去、ディリーション発育不全非形成不完全不十分不足無形成欠くこと欠陥失うミス

概念

  • 本来存在するはずのものが、まったく失われている状態。


隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3