横隔膜ヘルニア

出典: meddic

diaphragmatic hernia, diaphragmatocele
hernia diaphragmatica
横隔膜胸腹裂孔ヘルニア


分類

発生の時期

  • 先天性
  • 後天性

横隔膜欠損部位


  • 成人のヘルニアの80-90%。50歳以上の女性に多い
  • 脱出臓器:胃
  • 滑脱型ヘルニア:胃の噴門部が胸腔内に滑脱 → 多い
  • 傍食道型ヘルニア:食道下部は横隔膜に下にあって、胃の一部が胸腔内に脱出
  • 脱出臓器:結腸、小腸
  • 小児のヘルニアの60%以上。左側に多い。 → 症状が重篤であれば緊急手術
  • 脱出臓器:大網、横行結腸
  • 発症頻度は少ない。右側に多い
  • 横隔膜の外傷によるヘルニア


国試



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 7.横隔膜腫瘍生検術後に遅発性発症した医原性横隔膜ヘルニアの1例(一般演題,第84回日本小児外科学会北海道地方会)
  • 旭 火華,岡田 忠雄,本多 昌平,宮城 久之,湊 雅嗣,井口 晶裕,加賀 基知三,藤堂 省
  • 日本小児外科学会雑誌 47(5), 863, 2011-08-20
  • NAID 110008711769
  • P-414 当院における遅発性先天性横隔膜ヘルニア症例の検討(小児救急3,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会)
  • 古川 泰三,木村 修,文野 誠久,佐々木 康成,小野 滋,岩井 直躬
  • 日本小児外科学会雑誌 47(4), 787, 2011-07-05
  • NAID 110008735521
  • P-308 腹壁筋flapを用いて新生児期に一期的横隔膜修復術を行った巨大欠損孔を伴う先天性横隔膜ヘルニアの2例(横隔膜2,ポスターセッション,第48回日本小児外科学会学術集会)
  • 高見澤 滋,好沢 克,町田 水穂,岩出 珠幾,有井 瑠美
  • 日本小児外科学会雑誌 47(4), 734, 2011-07-05
  • NAID 110008735415

関連リンク

横隔膜ヘルニアは、先天性のものと後天性のものに分けられます。ここではその両者を合わせて紹介していきましょう。 ... 横隔膜は、呼吸のために胸の気圧を管理しています。つまり、膜が下がると空気を吸い込み、上がると空気を ...
家庭医学館 横隔膜ヘルニアの用語解説 - [どんな病気か] 横隔膜に、生まれつき(先天性)あるいはなんらかの原因によって(後天性)、裂孔(れっこう)(あな)ができ、その孔(あな)を通って腹腔(ふくくう)内の臓器が胸腔 ...
横隔膜ヘルニア<子どもの病気>。横隔膜ヘルニアとはどんな病気か 横隔膜ヘルニアには、先天性のものと後天性のものがあります。 先天性のものにはさらに、ボックダレック孔(こう)ヘルニア(後外側裂孔(こうがいそくれっこう ...

関連画像

日記 18 横隔膜 ヘルニア 横隔膜 腹膜心膜横隔膜ヘルニアとは  状態 を 横隔膜 ヘルニア心嚢 膜 横隔膜 ヘルニア 手術先天性 横隔膜 ヘルニア 左 分類 ① bochdalek hernia bochdalek 孔  横隔膜ヘルニア」が起こる


★リンクテーブル★
国試過去問104H037」「105I068」「105B048」「107A021」「103D006」「086B036」「080C020」「088B016」「085B073
リンク元胸腹裂孔ヘルニア」「小児外科」「内ヘルニア」「ラリー孔ヘルニア」「腹部陥凹
拡張検索先天性横隔膜ヘルニア」「外傷性横隔膜ヘルニア
関連記事横隔膜」「ヘルニア」「」「隔膜

104H037」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。交通事故のため搬入された。
  • 現病歴:夫の運転する乗用車の助手席に座っていた。黄信号で交差点に進入したところ、右折してきた対向車と衝突した。シートベルトは着用していなかった。右胸部痛を訴えている。搬送中に静脈路が確保された。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。脈拍 112/分、整。血圧 90/60mmHg。眼球結膜に異常を認めない。頚静脈怒張冷汗とを認める。心音は微弱。右肺野呼吸音を聴取しない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 380万、Hb 10.0g/dl、Ht 35%、白血球 8,500、血小板 30万。血液生化学所見:血糖 82mg/dl、総蛋白 6.2g/dl アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 35IU/l, ALT 18IU/l、LD 176IU/l(基準176-353)、ALP 233IU/l(基準115-359)、Na 138mEq/l、K 4.3mEq/l、Cl 99mEq/l。胸部エックス線写真(別冊No.6)を別に示す。


  • 診断はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104H036]←[国試_104]→[104H038

105I068」

  [★]

  • 出生直後の新生児。呼吸不全のためNICUに入院となった。母親が妊婦健康診査を受けていなかったため、妊娠経過は不明である。3,026gで出生した。Apgarスコアは3点(1分)、4点(5分)。呼吸数72/分で非常に浅い。心拍数88/分、整。全身にチアノーゼを認める。筋緊張は低下し、自発運動に乏しく、泣き声はほとんど聞き取れない。心音と呼吸音とを右胸部でわずかに聴取する。腹部は陥凹し、肝・脾を触知しない。マスクによる酸素投与が行われたが経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)50%のため、直ちに気管挿菅し、100%酸素で人工換気を行った。気管挿管後、SpOsは70%まで上昇したが、それ以上の改善は認められなかった。気管挿菅後の胸部エックス線写真(別冊No.22)を別に示す。
  • この新生児の呼吸不全の原因はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I067]←[国試_105]→[105I069

105B048」

  [★]

  • 妊娠38週の経産婦。胎動の自覚が減ったため産科診療所を受辞した。診療所で施行された胎児超音波写真(別冊No.5)を別に示す。超音波検査で心臓の背側に蠕動する管腔構造(矢印)を認める。
  • 適切な対応はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105B047]←[国試_105]→[105B049

107A021」

  [★]

  • 30歳の初妊婦。妊娠34週3日。自宅近くの産科診療所の腹部超音波検査で、羊水過多と胎児胸部腫瘤とを指摘されたため、紹介されて受診した。胎児心拍数陣痛図に異常を認めない。内診で子宮口は閉鎖している。腹部単純MRIのT2強調像(別冊No.3)を別に示す。
  • 胎児の診断として最も考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107A020]←[国試_107]→[107A022

103D006」

  [★]

  • 膵管胆道合流異常に合併しやすいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103D005]←[国試_103]→[103D007

086B036」

  [★]

  • 横隔膜ヘルニアについて誤っているのはどれか

080C020」

  [★]

  • 適切な組み合わせ、3つ。

088B016」

  [★]

  • 乳幼児期で著名な喘鳴を起こすのは
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

085B073」

  [★]

  • 超音波検査について胎児診断が困難なのはどれか

胸腹裂孔ヘルニア」

  [★]

pleuroperitoneal diaphragmatic hernia
胸腹膜裂孔ヘルニアボホダレック孔ヘルニア Bochdalek孔ヘルニア Bochdalek herniaボホダレクヘルニアBochdalekヘルニア
先天性横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア横隔膜
腰肋三角ヘルニア


概念

  • 胸腹裂孔の閉鎖障害により、ヘルニア門を通じて、腸管、脾臓、肝臓が胸腔に脱出する。左に多く(右2:左8)、ヘルニア嚢を欠く。
  • 患側肺、時に両側肺の低形成を伴う。
  • 治療成績は悪い
  • 成人に至ってから発症するものもある(遅発型胸膜裂孔ヘルニア)

疫学

  • 1/2000 (L.197)

病因

病変形成&病理

症状

  • 主訴:呼吸困難、チアノーゼ
  • 呼吸循環障害

合併奇形

診断

検査

治療

予後

  • 出生後24時間以内に緊急手術が必要な症例では予後不良
  • 生後24時間以降にまで手術を待機できるような症例は予後良好。

予防

小児外科」

  [★]


発症時期

発症時期 疾患
新生児期 直腸肛門奇形
Hirschsprung病
先天性腸閉鎖症
先天性食道閉鎖症
横隔膜ヘルニア
腸回転異常症
臍帯ヘルニア
臍ヘルニア
腹膜破裂
肥厚性幽門狭窄症
乳児期以降 鼡径ヘルニア
腸重積症
先天性胆道拡張症
先天性胆道閉鎖症

内ヘルニア」

  [★]

internal hernia
hernia interna
腹腔内ヘルニア intraabdominal hernia
ヘルニア外ヘルニアトライツヘルニア
  • 体腔内に発生し、内臓などが他の裂隙に脱出して体表から確認できないもの。
  • 例えば、横隔膜ヘルニアがある。



ラリー孔ヘルニア」

  [★]

Larrey's hernia, Larrey hernia
Larrey孔ヘルニア
傍胸骨裂孔ヘルニア横隔膜ヘルニア
[show details]


腹部陥凹」

  [★]

  • (成人)悪性腫瘍などによる悪液質、栄養障害
  • (新生児)先天食道閉鎖症のA型/B型、横隔膜ヘルニア

先天性横隔膜ヘルニア」

  [★]

congenital diaphragmatic hernia, CDH
横隔膜ヘルニア

分類

病態

  • 胎児期に胸腔に突出した腸管により肺の形成が妨げられ、肺低形成を来す。
  • 腸管は胸腔に脱出するために、出生後腹部の陥凹(scaphoid abdomen)を認める。

検査

  • 胸腹部単純X線写真:腸管ガス像が胸部に認められる。
[show details]

参考

  • 1. [charged] 新生児における先天性横隔膜ヘルニア - uptodate [1]
  • 2. [charged] 先天性横隔膜ヘルニア:出生前診断および管理 - uptodate [2]

国試


外傷性横隔膜ヘルニア」

  [★]

traumatic diaphragmatic hernia



横隔膜」

  [★]

diaphragm (Z,K)
diaphragma
  • 図:N.188,189

起始

停止

神経

機能

横隔膜を貫く器官 (N.189)

大動脈裂孔

高さ:T12

大静脈孔

高さ:T8

食道裂孔

高さ:T10

筋束を直接貫いているもの

裏側を通っている

体表解剖

  • 第5肋骨と右鎖骨中線との交点、及び第6軟骨と左鎖骨中線との交点について、これら2交点を結ぶ線

発生

  • 胸腔腹腔心腹膜管をとおして体の後壁に沿って連続している。
  • 発生第5週のはじめに背外側?から胸腹膜ヒダが現れてのびだし、横中隔および食道間膜と癒合する。
  • 発生第7週に胸腔と腹腔が分離する。

画像検査

胸部単純X線写真

  • 正常者の横隔膜の位置は後方第10肋間 (wikipedia ja)

臨床関連


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン


隔膜」

  [★]

diaphragma
横隔膜



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡