横浜医療センター

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 国立病院機構 横浜医療センター

url

理念

  • 私たちは人権を尊重し、思いやりの心をもって、安全で納得していただける患者様中心の医療を目指します。私たちは、急性期の地域医療を基盤として質の高い総合的な専門医療を提供するとともに、関係医療機関とも密接な連携をもつ地域完結型医療を目指します。私たちは、健全な病院運営を心がけ、患者様がより良い診療が受けられ、地域で選ばれる病院になるべく日々努力してゆきます。

住所

  • 〒245-8575 横浜市戸塚区原宿3-60-2

診療の特徴、実績

  • 政策医療7分野(がん、循環器疾患、精神・神経疾患、成育医療、内分泌・代謝疾患、骨・運動器疾患、肝疾患)については、当センター独自あるいは国立がんセンターなど国立のネットワークで連携して先駆的医療や難治性疾患の診療を提供している。救急救命センターを有し、心疾患、脳血管疾患や腹部救急を中心とする三次救急医療を実施している。また、母子センターを通じて横浜市の母子救急や小児救急の二次救急医療にも参画している。26診療科を有し、災害医療拠点病院でもある高度総合医療機能を持ち、エイズ拠点病院や移植臓器提供施設でもありバランスのとれた卒後臨床研修が実施できる病院である。また糖尿病での地域の医療機関との密接なネットワークなどにも取り組み病院内外で好評である。病院の理念としては患者さん中心の医療として透明性と質の高い医療を提供し地域で選ばれる病院を目指している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 392.3人

一日平均外来患者数

  • 659.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.4日/76.4日

年間分娩件数

  • 770件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 9件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 1次から3次までの幅広い救急の研修が可能.当直は第1から第4当直に加え,小児科,産婦人科の6列体制に研修医1年次,2年次が加わる.救急専任医師2名.

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 36.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 13.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 119人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 5回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 無し

指導医から一言

  • 必要な知識の習得に貪欲であってほしいです。また患者や他のスタッフに対する気持ちが言葉に表れます。きちんとした言葉で接することができる医師になっていただきたいと思います。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 横浜医療センターを選んだ理由としまして、学生時代に見学に行った際、のびのびと自分を伸ばせる環境にあると思ったからです。科同士の垣根も低く、他の科のドクターにもすぐ相談にいくことができますし、ドクターの方々もとても親切に対応して下さいます。研修医にとってとても働きやすい環境だと思います。症例も豊富で、プライマリーから大学病院レベルのものまでさまざまでとても勉強になります。専門的なことをやりたい人もプライマリーや一般内科などをやりたい人両方にとっても初期研修をしっかりできる病院であると思っています。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/18 01:33:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P-159 生姜による食物依存性運動誘発アナフィラキシーの1例(食物アレルギーの発症メカニズム1,ポスター発表,一般演題)
  • 佐藤 ひろ美,世間瀬 基樹,萬木 暁美,萬木 晋,石井 徹仁,渡辺 博子,小堀 大河
  • アレルギー 62(3・4), 426, 2013-04-10
  • NAID 110009627974
  • P-141 小児救急拠点病院における5年間での気管支喘息救急受診患児の検討(小児喘息(治療・管理),一般演題,第25回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 小張 真吾,磯崎 淳,田中 晶,菊池 信行,安藤 枝里子,菅井 和子,遠藤 順治,古家 正,中村 陽一
  • アレルギー 62(3・4), 422, 2013-04-10
  • NAID 110009627956

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
関連記事医療」「センター

医療」

  [★]

health caremedical care
健康管理診療保健医療ヘルスケア


センター」

  [★]

centercentre
中央中心中央に置く中枢




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡