横浜労災病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 横浜労災病院

url

理念

  • 横浜労災病院の理念みんなでやさしい明るい医療横浜労災病院の基本方針1.勤労者医療の展開2.高度医療の実践3.救急医療の充実4.地域医療の支援5.安全な医療の定着6.優れた医療者の育成

住所

  • 222-0036 横浜市港北区小机町3211番地

診療の特徴、実績

  • 1.高度の労災医療及び勤労者医療並びに地域医療の提供2.脳・循環器系疾患に対する専門的医療の実施3.24時間365日の救急診療の実施4.総合的メンタルヘルスの実施5.高度かつ専門的な医学的リハビリテーションの実施6.新卒医師の臨床研修の実施7.産業医の研修教育、地域医師会の生涯教育への協力

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 568.1人

一日平均外来患者数

  • 1,863.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 12.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 736件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 27件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/5回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は開院以来、24時間365日の救急診療を基本方針として1次から3次救急まで幅広く患者を受け入れ、年間2万5千人を超える救急患者を診療しています。 救急部は、救急専用ベッド12床を有し、病院診療各科の協力のもと運営されています。重傷熱傷等に対応することは難しい状況ですが、心肺停止患者を年間300名以上受け入れ、年間救急車受入件数は7000台以上を超えており、幅広い患者を経験できる急性期病院です。 また、平成16年度からは、救急医師の夜間勤務を主体とする体制を導入するとともに、救急専属医師の指導がより強化されました。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 79.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 20.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 313人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り(1ヶ月当たり4回までは給与に含む)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 10人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 3人

勤務体制

  • 3名の研修医当直のうち1名は24時までの勤務。他の研修医は指導医との相談で翌日の研修を休むことは可能

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院での初期臨床研修は、開院以来総合ローテート方式をとっています。2010年度からの制度改変に伴って、外科・小児科・産婦人科・精神科研修が必修から外れましたが、今までとかわることなく選択必修、自由選択科目として、全診療科を希望に応じてローテートすることができます。 当院が育てていきたい医師、それは世界でトップクラスの診療技術を身につけたスペシャリストではありません。もちろん高い専門性をもっているにこしたことはありませんがそれ以上に、自分の専門とは異なる事柄にも幅広く問題意識を持ち、しっかり患者と向き合っていく医師を育てたいと考えています。3年目以降は専門分野の修練に追われるので、初期研修の2年間はよい医師になるために充実した経験を重ねる時期であり、当院の豊富な救急症例、充実した指導体制・学習環境を活用していただきたいと思います。 なお、当院は後期研修でも希望診療科をローテートすることが可能です。大学病院・医局関連病院に出向して、当院で経験できない分野も含めた幅広い専門研修を実施している診療科もあります。個々のニーズに応じてキャリアを選択していくことができるよう支援していきますので、ぜひ当院の初期研修をご検討ください。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 初期臨床研修が始まって早くも1年が経ちました。新1年生を迎えて先輩研修医として少しだけ背伸びをしつつも、1年生からの鋭い質問にビクビクする毎日です。私が横浜労災病院を初期研修に選んだのは、学生時代の病院見学が決め手でした。案内してくださった先生は、初期研修だけでなく後期研修のことについてもとても詳しく説明してくださいました。横浜労災病院は、どの科をとっても若手の先生から指導医レベルの先生まで層が厚く、初期研修はもちろん、後期研修を行うにもとても恵まれた環境だと思います。学生時代は初期研修に目が向いてしまいがちですが、迷った際は後期研修も視野に入れた病院選びをしてみてはいかがでしょうか。日々の研修についてですが、研修医は日中の病棟業務の他に、月4回ほど救急外来の当直に入ります。救急外来には、感冒などの軽症例から心肺停止などの重症例まで様々な疾患の患者さんが受診され、問診、診察、検査のオーダー、アセスメントまでを研修医が主体となって診療にあたります。困ったときには先輩研修医や救急専属の医師と相談しながら方針を決定します。日中は各診療科で専門的な症例の経験を積み、夜間の救急外来の研修ではcommon diseaseから重症例まで幅広い症例を学ぶことができます。充実した研修生活を送るには、その環境も重要です。当院は、徒歩1分の場所に宿舎があり、状態が不安定な患者さんがいる場合も夜間や休日を問わずいつでも病棟へ赴くことができます。また、病院のある新横浜は新幹線の停車駅でもあり、地方での学会や勉強会への移動はもちろん、リフレッシュにちょっと遠くまで小旅行なんてことも可能です。研修医は1学年15人で、北海道から沖縄まで様々な大学から集まってきます。学年内の仲の良さはもちろんですが、救急外来の当直で1年生と2年生が組んで診療にあたるため、学年をまたいだ仲の良さも自慢の一つです。2年生が主体となった勉強会や各診療科の先生が持ち回りで行ってくださる月1回のクルズスなど、教育体制もとても充実しています。それぞれの病院に、それぞれいい点があると思います。百聞は一見にしかず。是非一度見学にいらしてください。お待ちしています。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/23 05:49:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日常業務にひそむリスクとその対策 独立行政法人労働者健康福祉機構横浜労災病院 血糖測定時に行われる穿刺・血液吸引に伴う安全性と業務効率を向上
  • III-5. 心療内科患者におけるストレス対処の特徴とコンピュータによるストレスチェックの利用可能性の検討(一般演題,第120回日本心身医学会関東地方会演題抄録)
  • 伊藤 桜子,山本 晴義,冨田 恵里香,桃谷 裕子,衛藤 真子
  • 心身医学 55(2), 185, 2015-02-01
  • NAID 110009909011

関連リンク

横浜労災病院は、横浜市北東部診療圏の中核施設として、勤労者医療、高度医療、救急医療、親切な医療を基本方針として、脳・循環器疾患治療、365日24時間救急医療、小児医療、メンタルヘルスなど、総合治療に取り組んでいます
横浜労災病院は、横浜市北東部診療圏の中核施設として、勤労者医療、高度医療、救急医療、親切な医療を基本方針として、脳・循環器疾患治療、365日24時間救急医療、小児医療、メンタルヘルスなど、総合治療に取り組んでいます

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡