標的理論

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 放射線の線質効果の研究 その1.微視的線量を用いた標的理論の改良
  • 岩波 茂,中沢 圭治,松林 隆,橋本 省三,イワナミ シゲル,ナカザワ ケイジ,マツバヤシ タカシ,ハシモト ショウゾウ,Iwanami Shigeru,Nakazawa Keiji,Matsubayashi Takashi,Hashimoto Shozo
  • 日本医学放射線学会雑誌 39(1), 60-69, 1979-01-25
  • NAID 120002841085

関連リンク

3 標的理論 細胞に放射線が当たると細胞は死にます。この放射線による細胞致死効果は、細胞内の特定の場所に放射線が命中することによって起こります。例えば、細胞において傷害を受けるとただちに生命維持ができなくなる部分 ...
標的数とヒット数の組合せにより以下の4つのモデルが考えられている。この考え方は、必ずしも放射線の細胞内の標的が遺伝子DNAであるという ...
<概要> 放射線の被ばく線量と生物学的効果の関係(線量-効果関係)は、一般に標的説によって解釈できるしきい値のないS字型及び指数関数型、そして個体レベルの場合のようなしきい値のあるS字型の3つに分類できるが ...

関連画像

在實務操作上,可將四大取向 分子標的治療の理論図:標的となるさまざまな分子 2005年政大法研所民事訴訟法  標的治療 理論と実践/近藤直実分子生物学的な理論に基づいて


★リンクテーブル★
関連記事標的

標的」

  [★]

target
ターゲット標的にする




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡