構造活性相関

出典: meddic

structureactivity relationship

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/09 01:54:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 忌避剤利用とその現状 (特集 忌避剤)
  • メラニン凝集ホルモン受容体 : 最近の基礎研究における話題 (第5土曜特集 GPCR研究の最前線2016) -- (GPCR機能の新展開)
  • クエルシトールから生理活性バリエナミン、コンデュラミン誘導体へ:薬理学的シャペロン治療薬の開発

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元structure-activity correlation
拡張検索定量的構造活性相関」「三次元定量的構造活性相関
関連記事構造」「相関」「活性

structure-activity correlation」

  [★]

  • 構造活性相関
structure-activity relationship


定量的構造活性相関」

  [★]

quantitative structure-activity relationshipQSAR
三次元定量的構造活性相関


三次元定量的構造活性相関」

  [★]

3D-quantitative structure-activity relationship3D-QSAR
定量的構造活性相関


構造」

  [★]

structureformationarchitectureconformationconstitutionmakeup
気質組立形成高次構造構成構築コンフォメーションコンホメーション組成体質配座編成立体構造立体配座仕組み体格建築物構造物構造体成立


相関」

  [★]

correlationcorrelate
関係関連相関性相互関係相関関係


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡