検体処理

出典: meddic

treatment of biological specimen

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 臨床情報による的確な検体処理でClostridium tetaniの分離に成功した破傷風の一症例
  • 大橋 一孝,河合 裕美,渡邉 美菜子 [他]
  • 日本臨床微生物学雑誌 21(1), 35-39, 2011
  • NAID 40018820209
  • 検体処理(気管支鏡セミナーより)
  • 田中 良太
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 32(5), 459-465, 2010-09-25
  • NAID 110007730623

関連リンク

検体は測定できる状態に処理して送付または持込みお願いしています。 (処理が難しい場合は、ご予約時にご相談ください。また、腐敗が心配される検体は、測定所内で処理する場合があります) 基本的な考え方 ご希望に添った状態 ...
蒸発による検体濃縮を避けるため、密閉・密栓した容器に保存する。 血液検査用検体は室温保存が一般的である。冷蔵保存では寒冷凝集素やクリオグロブリンが測定値に影響を及ぼす場合があり、凍結保存では溶血をきたす。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事検体」「処理

検体」

  [★]

samplespecimen
サンプリングサンプル試料試料採取実例標本標本抽出


検体の保存方法

  • 冷蔵:尿、便(赤痢アメーバを見いだしたい場合は冷蔵してはいけない。動かなくなり、顕微鏡下で識別できない)、腹水(see also LAB.239)
  • 37℃:血液(冷蔵するとNa-K ATPase activity↓により血清K↑)、髄液(髄膜炎菌を検出する場合は冷蔵×。低温で死滅する)。検体の種類によらない(淋菌。低温で死滅)

参考

  • 1. 検体の取扱い

[display]http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-lab/rinkenhome/subfile/DCMI/saisyuhou_itiran_pdf.pdf

国試


処理」

  [★]

treatmentapplicationprocessingtransactiontreathandle
応用加工、処置、治療適用プロセシングプロセッシング申し込み診療散布施用取り扱うハンドルアプリケーション切り出し




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡