検体保存

出典: meddic

storage of biological specimen

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 分析装置STACIAを用いた凝固分子マーカー検査における検体保存温度・方法の影響
  • 八戸 雅孝,末石 真千子,三上 容子 [他]
  • 臨床病理 : 日本臨床検査医学会誌 60(12), 1139-1144, 2012-12-00
  • NAID 40019559630
  • 受血者を輸血感染症から守る医療機関の体制--輸血前検体保存と輸血前後感染症検査 (第1土曜特集 輸血医療・細胞療法--現状と課題) -- (献血供給体制の変革と輸血副作用の現状と対策)
  • 検体保存時の残留農薬経時変化について
  • 前田 大史郎,藤田 直樹
  • 滋賀県衛生科学センター所報 45, 83-87, 2010-00-00
  • NAID 40018754979

関連リンク

1. 検体採取・保存 1)培養検査 --- 一般細菌 容器名をクリックすると容器の写真が表示されます。 検 体 容 器 採 取 量 保存方法 備 考 喀出痰 吸引痰 採痰容器 2~5 ml (出来るだけ多く)
血液検査 項目 検体種 採取容器 採血後転倒混和遠心分離 保存温度 血球計数 血液 EDTA-2K(紫検血) 必要 不可不可 保存不可 (白血球分類) 赤血球沈降速度 血液 3.8%クエン酸ナトリウム(血沈) 必要 不可不可 保存不可 項目 検体種 採取 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事検体」「保存

検体」

  [★]

samplespecimen
サンプリングサンプル試料試料採取実例標本標本抽出


検体の保存方法

  • 冷蔵:尿、便(赤痢アメーバを見いだしたい場合は冷蔵してはいけない。動かなくなり、顕微鏡下で識別できない)、腹水(see also LAB.239)
  • 37℃:血液(冷蔵するとNa-K ATPase activity↓により血清K↑)、髄液(髄膜炎菌を検出する場合は冷蔵×。低温で死滅する)。検体の種類によらない(淋菌。低温で死滅)

参考

  • 1. 検体の取扱い

[display]http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/hp-lab/rinkenhome/subfile/DCMI/saisyuhou_itiran_pdf.pdf

国試


保存」

  [★]

preservation、(進化)conservationpreserveconserveconservativesave
貯蔵保護保蔵保存的救助保守的保全保存性救う




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡