椎弓根間距離

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄腫瘍と脊椎弓根間距離
  • 有川 功 [他]
  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 12(2), 469-480, 1969-06-00
  • NAID 40018048516
  • 椎弓根間距離のレ線学的研究,特に脊髄並に脊椎疾患における診断的意義について
  • 米沢 繁男,Yonezawa Shigeo
  • 金沢大学十全医学会雑誌 61(3), 185-218, 1959-03-20
  • NAID 110006991570

関連リンク

2011年6月30日 ... 普通は、この左右の目玉の距離(椎弓根間距離)は腰椎の上部ほど小さく、下にいく につれて大きくなっています。 ... 腰椎の1番上(L1)と4番目(L4)とで、この椎弓根間 距離を測ってその比率(L1/L4比)を計算すると正常では0.9前後、低形成症 ...
側面像で貝柱状変形、前後像で椎弓根間距離の拡大などがこれにあたる。砂時計型 では片側椎間孔の拡大がみられる。 最近は、脊髄造影はほぼ不要となり、MRIのみで 手術が行われることが多い。 神経鞘腫は良好な造影効果があり、腫瘍内嚢胞を伴うこと ...

関連画像


★リンクテーブル★
関連記事椎弓根」「椎弓

椎弓根」

  [★]

pedicle of vertebral arch, pedicle
pediculus arcus vertebrae
椎骨椎弓



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


椎弓」

  [★]

vertebral arch
arcus vertebrae
椎骨椎弓根椎弓板





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡