森田療法

出典: meddic

Morita therapy
精神療法体験的精神療法
  • 自己内証的で理知的である森田神経質などの神経症性障害の患者に適応となる。(PSY.150)
  • 心気障害パニック障害全般性不安障害強迫性障害などの神経症性障害が適応となる。
  • 治療は症状のあるがままの受け入れることが治療の基本である。



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/14 18:03:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 16.森田療法的「治らずに治る」寛解形態に至ったと考えられる口腔心身症(一般演題,第47回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
  • 女性心身医学に森田療法を生かす(教育講演,痛みと女性,第40回日本女性心身医学会学術集会)
  • O2-D-10 歯科的対応と森田療法的対話で寛解した老年期口腔異常感症(歯科・口腔外科,一般口演,今,心身医学に求められるもの-基礎から臨床まで-,第52回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)

関連リンク

森田療法(もりたりょうほう)は1919年(大正8年)に森田正馬により創始された(森田) 神経質に対する精神療法。(森田)神経質は神経衰弱,神経症,不安障害と重なる部分が 大きい。なお近年はうつ病などの疾患に対して適用されることもある。森田正馬は薬を ...
神経症、不安障害、うつ、パニック障害、強迫性障害等の人のためのホームページです 。神経症(不安障害)とは病気ではなく、ストレスや心の悩みから起こる症状のひとつ です。当メンタルヘルスHPは神経症(不安障害)の克服に大きな実績をもつ森田療法を ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み精神療法
国試過去問104E062」「105E057」「096D003」「092A075」「074B027
リンク元体験的精神療法」「生活の発見会
関連記事」「療法

精神療法」

  [★]

psychotherapy
サイコセラピー心理療法 psychological therapy
ロゴセラピー

定義(PSY.138)

  • 精神医学的障害の治療にあたっては、生物・心理・社会的各側面から総合的にアプローチするのが一般的であるが、精神療法はその中の心理的側面に主に働きかける技法
  • 精神医学的治療の一つで、言語的、非言語的な対人交流を通して精神的な問題を解決し悩みを軽減することを目的とした精神医学的及び心理学的治療法




104E062」

  [★]

  • 次の文を読み、61-63の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。言動の変化を心配した両親に伴われて来院した。
  • 現病歴:  1年ほど前から高校を休みがちになり、1日中自分の部屋で過ごすことが多くなった。朝はなかなか起きず、昼過ぎになりやつと起きてくる。母親が声をかけると「うるせえな」と反抗的になった。1か月前から、わけもなくニヤニヤすることや、「ちくしょう」、「ばかやろー」などと急に叫ぶことが増えてきた。身なりも不潔になり、入浴もしなくなった。
  • 既往歴[  特記すべきことはない。
  • 生活歴:  同胞2人の二男として出生。精神運動発達に異常を認めず、手のかからない子供であった。中学校までは明るい生徒で成績も優秀だった。高校入学後は課外活動をせず、成績は徐々に下がってきた。
  • 家族歴:  母方の叔父が精神科病院に入院中である。
  • 現症 :  意識は清明。身長175cm、体重63kg。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧112/68mmHg。表情は硬く、緊張が強い。自発的に話をすることはなく、質問に対する返答に時間がかかり、答えも短い。時々一点を見つめたまま反応がなくなることがある。また、聞き耳を立てるような動作も認める。神経学的所見に異常を認めない。
  • 入院治療を勧めると、「死んだほうがましだ」と叫んで興奮し入院を拒否して帰宅を申し出た。
  • まず行う治療はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104E061]←[国試_104]→[104E063

105E057」

  [★]

  • 30歳の男性。精神科病棟に入院中である。数年前から家に引きこもりがちの生活を送っていた。2か月前に幻覚妄想状態を示したため入院となったが、薬物療法で改善した。最近は落ち着いているものの、表情は乏しく、ほとんど一日中臥床している。他人との交流はほとんどみられない。.
  • この患者のリハビリテーションの課題として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a 服薬の自己管理
  • b 否定的感情の修正
  • c 無意識的葛藤の評価
  • d あるがままの受け入れ
  • e コミュニケーション技能の習得


[正答]


※国試ナビ4※ 105E056]←[国試_105]→[105E058

096D003」

  [★]

  • 27歳の男性。物事を何度も確認しないと安心できないと訴えて来院した。高校時代に字を書いても計算をしても、間違いの有無を調べ続けるようになった。その後、さらに対象が広がり、鍵やガス栓の点検を何度も繰り返すようになった。このため何事にも時間がかかり、本人も疲れ、職場にも毎日遅刻するようになった。治療を強く希望している。適切でない治療はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096D002]←[国試_096]→[096D004

092A075」

  [★]

  • 疾患と治療法との組み合わせで正しいもの

074B027」

  [★]

  • 適切な組み合わせは?いくつでもえらべ。

体験的精神療法」

  [★]

experiential psychotherapy
精神療法

体験的精神療法(PSY.139)


生活の発見会」

  [★]

森田療法

参考

  • 1. 森田療法 | メンタルヘルスの生活の発見会(神経症【不安障害】に悩む人達の自助グループ)
[display]http://www.hakkenkai.jp


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡