梔子柏皮湯

出典: meddic


和文文献

  • アレルギー性鼻炎に対する梔子柏皮湯の効果
  • 東洋堂経験余話(246)▽湿疹に梔子柏皮湯加大黄▽気管支炎に清肺湯

関連リンク

梔子柏皮湯とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
N314 − 1− Ⅰ.概要に関する項目 1. 開発の経緯 梔子柏皮湯は「 しょうかんろん 傷寒論」に煎薬としての処方が記載 されており、その後多くの成書に記載されている。近年になって、煎薬の不便さや、服薬時の不快な味や

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

コタロー梔子柏皮湯エキス細粒

組成

  • 本剤6.0g中
    日局サンシシ 3.0g
    日局カンゾウ 1.0g
    日局オウバク 2.0g
    上記の混合生薬より抽出した梔子柏皮湯の水製乾燥エキス1.2gを含有する。
    添加物としてステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプン、乳糖、プルラン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムを含有する。

効能または効果

  • 肝臓部に圧迫感があるもの。
    黄疸、皮膚そう痒症、宿酔。
  • 通常、成人1日6.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

重大な副作用

偽アルドステロン症:

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパシー:

  • 低カリウム血症の結果としてミオパシーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
リンク元特発性腸間膜静脈硬化症
拡張検索梔子柏皮湯エキス

特発性腸間膜静脈硬化症」

  [★]

idiopathic mesenteric phlebosclerosis, IMP
山梔子 サンシシ、間膜静脈、腸間膜静脈硬化症

漢方薬

  • サンシシに含まれるゲニポシドが腸間膜静脈の石灰化と関連していると考えられている。

山梔子を含む方剤


参考

[display]http://ci.nii.ac.jp/naid/10030293861
[display]https://www.jstage.jst.go.jp/article/gee/54/3/54_3_455/_pdf

梔子柏皮湯エキス」

  [★]

漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡