梅毒血清反応

出典: meddic

serological test for syphilis, STS
梅毒血清試験血清梅毒反応
梅毒

概念


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大腸癌診断時に認識された無症候性抗リン脂質抗体キャリアの1手術例―周術期の血栓予防に関する考察―
  • 矢花 崇,後藤 啓,山本 元久,伊志嶺 優,矢島 秀教,中垣 卓,安達 雄哉,近藤 吉宏
  • 日本消化機病學會雜誌. 乙 112(1), 78-85, 2015
  • … 患者は82歳,女性.下血を主訴に切除可能進行大腸癌と診断.入院時の活性化部分トロンボプラスチン時間延長と梅毒血清反応偽陽性を契機に,血栓症や妊娠合併症をともなわない無症候性抗リン脂質抗体キャリアと診断した.周術期に抗凝固療法を行い合併症なく経過した.無症候性抗リン脂質抗体キャリアはまれではないことが知られているが,その取扱いについては明確な指針がないのが現状である.文献的考察 …
  • NAID 130004776860
  • 無症候性梅毒の診断と治療 (特集 女性と感染症Up to Date)
  • 脳腫瘍と鑑別を要した中枢神経ゴム腫の1例
  • 濵内 朗子,阿部 剛典,仁平 敦子,溝渕 雅広,佐光 一也,伊東 民雄
  • 臨床神経学 54(9), 738-742, 2014
  • … て寛解したことから中枢神経ゴム腫と確定診断した1例を経験した.Treponema pallidumは感染早期から中枢浸潤することが知られており,本症例も感染から約6ヵ月で病変形成がみられた.しかし,本症例のように感染早期から症候を呈する頻度は低く,その中でも多くは髄膜炎であり,中枢神経ゴム腫はまれである.梅毒血清反応陽性患者に頭蓋内病変をみとめた際には中枢神経ゴム腫も鑑別に挙げ,精査する必要がある. …
  • NAID 130004696175

関連リンク

梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌による感染症で、感染すると体には梅毒トレポネーマに対抗する抗体ができます。
梅毒血清反応 tphaとsts2つの方法で判定. 梅毒は一般に性行為によりトレポネーマ・パリダム(梅毒トレポネーマ) ...

関連画像

血清反応ガラス板】梅毒血清反応試薬 RPRテスト 梅毒:家庭の医学:日経Gooday 梅毒の血清反応検査沖縄県医師会_沖縄県医師会報 梅毒血清検査の伝統的な方法は


★リンクテーブル★
リンク元抗リン脂質抗体症候群」「生物学的偽陽性」「カルジオリピン」「STS」「serologic test for syphilis
関連記事梅毒」「血清」「反応」「血清反応

抗リン脂質抗体症候群」

  [★]

antiphospholipid syndrome, antiphospholipid antibody syndrome, anti-phospholipid syndrome, anti-phospholipid antibody syndrome, APS
抗リン脂質症候群
[[]]

概念

病因

疫学

症状

  • 動静脈血栓症
  • 胎盤内の血栓形成→胎盤機能不全。妊娠5-6か月に多い。明らかな基礎疾患のない習慣流産患者のうちの20%を占める。3回続けて流産した場合は疑われる。

REU.188

皮膚 網状皮斑、浅在性血栓性静脈炎、爪下線状出血足潰瘍、皮膚遠位部虚血、皮膚梗塞、blue-toe syndrome
神経系 一過性脳虚血脳卒中多発梗塞性認知症舞踏病横断性脊髄炎脳症片頭痛pseudotumor cerebri、脳静脈血栓
心臓 狭心症心筋梗塞、冠状動脈症、心弁膜症疣贅、心臓内血栓
肺塞栓肺高血圧
血液 血小板減少溶血性貧血
消化器 Budd-Chiari syndrome肝梗塞
腎臓 糸球体血栓、腎不全高血圧の亢進、腎動脈血栓、腎静脈血栓
産科系 胎児喪失、子宮内胎児発育遅延HELLP症候群羊水過少
眼科 網膜静脈閉塞網膜動脈閉塞、血管閉塞性網膜症、虚血性視神経症
内分泌 副腎不全
筋骨格系 阻血性壊死(?)
  • SLE様症状(蝶形紅斑、DLE、光線過敏症など)もありうる

診断

診断基準 REU.190

臨床症状1椎上、検査基準1つ以上を満たしたとき、抗リン脂質抗体症候群と診断
  • 臨床症状
  • 1. 血栓症:動脈、静脈、小血管
  • 2. 妊娠合併症
  • a. 妊娠10週以降の胎児死亡
  • b. 重症子癇前症、子癇、あるいは重症胎盤機能不全による34週以前の早産
  • c. 3回以上続けての妊娠10週以前の自然流産
  • 検査基準

検査

→ 梅毒血清反応(STS):偽陽性
抗β2-GFI/カルジオリピン複合体抗体
→ リン脂質依存性の血液凝固反応の阻害(内因系) → APTT:延長。PT:正常
  • 血小板減少 ← 血栓症

治療

予後

予防

生物学的偽陽性」

  [★]

biological false positive biological false positive reaction BFP
生物学的偽陽性反応 biological false positive reaction
梅毒血清反応
  • STS検査における擬陽性
  • 原因:感染症、自己免疫性疾患、妊婦


カルジオリピン」

  [★]

cardiolipin
カルジオリピン試験梅毒血清反応
  • 酸性グリセロリン脂質の一種


STS」

  [★]


serologic test for syphilis」

  [★] 梅毒血清反応 STS


梅毒」

  [★]

syphilis
ワッセルマン反応
  • first aid step1 2006 p.145,163,173

定義


症状

検査




血清」

  [★]

serum (Z), blood serum
  • 血液を凝固させて生じた血餅を取り除いて得られる黄色い透明な液体 (SP.484)
  • 血漿からフィブリノーゲンと凝固因子を取り除いたもの

関連

検査

保存

  • 血清の保存は冷蔵1週間、冷凍は-80℃


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



血清反応」

  [★]

serological reaction




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡