桑田立斎

出典: meddic

蘭方医、愛育茶譚牛痘

和文文献

  • 新出の平沢屏山のアイヌ種痘図に関する一考察 : オムスク造形美術館所蔵の「種痘図」を巡って
  • 松木 明知
  • 日本醫史學雜誌 56(3), 427-436, 2010-09-20
  • NAID 10026700614
  • 江戸時代の育児書から見た医学の近代化--桑田立齋『愛育茶譚』の翻刻と考察

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 桑田立斎の用語解説 - [生]文化8(1811)[没]明治1(1868)江戸時代末期の蘭方医。越後の人。痘科の桑田玄真の養子。安政4 (1857) 年,蝦夷地で痘瘡が流行したとき,道内を回って 6000人あまりの ...
1 しばた・ひと往来 ~新発田ゆかりの人物~【No.5】 桑田立斎 近代種痘の三祖 天然痘は恐ろしい病気です。 江戸時代の終わり頃、その天然痘根絶に生涯をかけた、桑田立斎という人がいました。偏見や迷信と闘いながら、種痘を ...

関連画像

桑田立斎も、ここで子どもたち 桑田立斎 ( くわたりゅうさい )文庫 桑田忠親「蘭方医桑田立 桑田立斎のアイヌ種痘之碑 若き日の桑田立斎(賀来明子氏 桑田 立 斎 1811 1868 越後 の 人



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡