桂芍知母湯

出典: meddic


和文文献

関連リンク

桂芍知母湯とは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 関節痛や神経痛に用いる漢方薬です。 作用 【働き】 桂芍知母湯(ケイシャクチモトウ)という方剤です。体をあたため、痛みを ...
桂芍知母湯 (応用) 足に力が入らない 息切れ 運動障害(下肢の) 悪寒 顔色悪い 鶴膝風 下肢の知覚麻痺 乾嘔 関節炎 関節痛(激しい) 呼吸困難 座骨神経痛 四肢疼痛 しびれ感(痛んでシビレ) 神経痛 頭眩 舌質(淡紅)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

三和桂芍知母湯エキス細粒

組成

  • 本品1日量(9g)中、下記の桂芍知母湯水製エキス5.1gを含有する。
  • 日局 ケイヒ 3.0g
    日局 チモ 3.0g
    日局 ハマボウフウ 3.0g
    日局 ショウキョウ 1.0g
    日局 シャクヤク 3.0g
    日局 マオウ 3.0g
    日局 ビャクジュツ 4.0g
    日局 カンゾウ 1.5g
    日局 加工ブシ 1.0g
    添加物として乳糖水和物、トウモロコシデンプン、結晶セルロース、部分アルファー化デンプン、軽質無水ケイ酸を含有する。

効能または効果

  • 関節痛み、身体やせ、脚部腫脹し、めまい、悪心あるものの次の諸症

神経痛、関節リウマチ

  • 通常、成人1日9gを3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

体力の充実している患者

  • 副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。

暑がりで、のぼせが強く、赤ら顔の患者

  • 心悸亢進、のぼせ、舌のしびれ、悪心等があらわれるおそれがある。

著しく胃腸の虚弱な患者

  • 食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐等があらわれるおそれがある。

食欲不振、悪心、嘔吐のある患者

  • これらの症状が悪化するおそれがある。

発汗傾向の著しい患者

  • 発汗過多、全身脱力感等があらわれるおそれがある。

狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある患者、又はその既往歴のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

重症高血圧症の患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

高度の腎障害のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

排尿障害のある患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

甲状腺機能亢進症の患者

  • これらの疾患及び症状が悪化するおそれがある。

重大な副作用

偽アルドステロン症

  • 低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加等の偽アルドステロン症があらわれることがあるので、観察(血清カリウム値の測定等)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。

ミオパチー

  • 低カリウム血症の結果としてミオパチーがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺等の異常が認められた場合には投与を中止し、カリウム剤の投与等の適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
拡張検索桂芍知母湯エキス

桂芍知母湯エキス」

  [★]

桂芍知母湯漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3