核酸系逆転写酵素阻害薬

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 診断と治療のTopics リルピビリンの位置付け
  • 病気について知りたい! 臨床講座(41)HIV感染症
  • 宮川 寿一,満屋 裕明
  • Pharma tribune : なりたい薬剤師になる! 4(5), 61-72, 2012-05
  • NAID 40019329987
  • 抗HIV薬開発の状況と併用療法の展望
  • 岡 慎一
  • 日本内科学会雑誌 98(11), 2809-2813, 2009-11-10
  • … 後の治療法に新しい流れを生み出そうとしている.そんな中で,もっとも期待されているのが,新規プロテアーゼ阻害薬であるダルナビルとインテグラーゼ阻害薬であるラルテグラビルであろう.現在の併用療法は,必ず2種類の核酸系逆転写酵素阻害薬(NRTI)が含まれている.しかし,治療の長期化に伴い,NRTIの慢性毒性が問題となっている.これら新薬を用いた,NRTIを含まない新しい併用療法への期待が高まる. …
  • NAID 10026329526

関連リンク

逆転写酵素(Reverse Transcriptase, RT) 逆転写酵素の顕微鏡写真. 核酸系逆転写 酵素阻害剤(NRTI=Nucleoside Analogue Reverse Transcriptase Inhibitor)は、 最初に実用化された抗HIV-1薬剤クラスであり、現在以下の8種類の薬剤が認可されて いる ...
非核酸系逆転写酵素阻害剤(NNRTI=Non-Nucleoside Reverse Transcriptase Inhibitor)も、その名が示すとおり逆転写酵素を阻害する薬剤である。現在、以下の4 薬剤が認可されているが、わが国ではEFVが群を抜いて多く使用されている。

関連画像

図1 現在使用されている抗HIV 非核酸系逆転写酵素阻害剤HIV感染症(エイズ)の症状完全 非 核酸 系 逆転写酵素 阻害 剤インテグラーゼ阻害剤 核酸 系 逆転写酵素 阻害 薬 2


★リンクテーブル★
リンク元ラミブジン」「サニルブジン」「ジダノシン」「ザルシタビン」「逆転写酵素阻害薬
拡張検索非核酸系逆転写酵素阻害薬
関連記事酵素」「逆転写酵素」「」「転写酵素」「核酸

ラミブジン」

  [★]

lamivudine, 3TC
エピビルエプジコム配合コンビビル配合ゼフィックス
抗ウイルス薬


  • 核酸系逆転写酵素阻害薬

適用

薬理機序

  • 核酸系逆転写酵素阻害薬。
  • 細胞内でリン酸化され,三リン酸となりHIVのDNA鎖の伸長反応を停止することにより,抗ウイルス効果を発現する。

重篤な副作用

サニルブジン」

  [★]

sanilvudine
スタブジン stavudine(←洋書ではこちらが一般的),didehydrodeoxythymidine d4T
ゼリット Zeritチミジン
核酸系逆転写酵素阻害薬




ジダノシン」

  [★]

didanosine,
ジデオキシイノシン dideoxyinosine ddI
ヴァイデックス Videx
核酸系逆転写酵素阻害薬





ザルシタビン」

  [★]

zalcitabine
ジデオキシシチジン dideoxycytidine ddC
核酸系逆転写酵素阻害薬


  • 核酸系逆転写酵素阻害薬



逆転写酵素阻害薬」

  [★]

reverse transcriptase inhibitor
ddI


非核酸系逆転写酵素阻害薬」

  [★]

nonnucleoside reverse transcriptase inhibitor, NNRTI
非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬
逆転写酵素阻害薬
[show details]


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





逆転写酵素」

  [★]

reverse transcriptase, RT
リバーストランスクリプターゼRNA依存性DNAポリメラーゼ, RNA dependent DNA polymerase, RNA-dependent DNA polymerase



薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



転写酵素」

  [★]

transcriptase
トランスクリプターゼDNA依存性RNAポリメラーゼ DNA-dependent RNA polymerase
RNAポリメラーゼ転写


核酸」

  [★]

nucleic acid
ヌクレオチド





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3