核酸染色法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • WSI-2 新しい核酸染色法とその多重標識への応用 (<ワークショップI>蛍光標識の新しい世界)
  • 鈴木 健史
  • 日本組織細胞化学会総会プログラムおよび抄録集 (38), 52, 1997-10-16
  • NAID 110003158265

関連リンク

核酸中のDNAを証明する反応で、酸でDNAを加水分解するとアルデヒド型の異性体を形成し、シッフ試薬と反応して発色します。この発色色素を蛍光や吸光で測定するとDNAの定量も可能となります。
全菌数計測法 (核酸染色) 河川や湖沼,海洋,土壌などの自然環境中,また医薬品製造用水や生薬等に生息する細菌の多くは,通常の方法では培養が困難である(1, 2).したがって,このような細菌に対してはシングルセルレベルで ...

関連画像

標準技術集(核酸の増幅および 図1 急な事態でも、周辺の器材 全菌数計測法 (核酸染色)グラム染色 (グラムせんしょく なお,核酸染色法では細菌は 図5 生細胞と固定細胞における


★リンクテーブル★
関連記事染色法」「核酸」「」「染色

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア



核酸」

  [★]

nucleic acid
ヌクレオチド



法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡