核小体染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 76. 核および核小体染色の新しい試み(技術II)(第32回日本臨床細胞学会総会)
  • 郡 秀一,椎名 義雄,沢田 好明
  • 日本臨床細胞学会雑誌 30(2), 272, 1991-03-22
  • NAID 110001241729
  • 動物白血球の細胞化学的研究-2-PAS,一般脂質,核酸およびリンパ球核小体染色
  • 宮沢 良道 [他]
  • 麻布大学獣医学部研究報告 3(1), p21-28, 1982-04
  • NAID 40004364232

関連リンク

DNAは核(nucleus)に存在し、核膜(nuclear envelope)で覆われている。核の中には 通常濃く染色される核小体(nucleolus, 仁ともいう)がある。有性生殖を行うものが多く、 そのために通常、遺伝子のセットが2組存在する。これを二倍体(diploid)という。真核 細胞 ...
典型的な動物細胞の模式図: (1) 核小体(仁)、(2) 細胞核、(3) リボソーム、(4) 小胞、(5 ) 粗面小胞体、(6) ゴルジ体、(7) 微小 ... 糸状に連なったDNA分子が結合蛋白質と複合 体を構成しながら散らばっており、クロマチン(chromatin)あるいは染色質と呼ばれる。

関連画像

免疫染色で PLAP (+)、 AFP ギムザ染色強拡大):核小体 髄鞘 … 青色肺腺癌細胞で核内構造が明瞭


★リンクテーブル★
関連記事核小体」「染色

核小体」

  [★]

nucleolus
, 核仁
細胞


  • 淡青色ないし濃青紫色に染色される
  • リボソームのRNAの合成の場
  • 光顕で明らかな核小体の見られる場合は一般に未熟な細胞


-nucleolus


染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡