栗崎道喜

出典: meddic

和文文献

  • Aufbruch in "innere Landschaften" : Zur Rezeption westlicher Körperkonzepte in der Medizin der Edo-Zeit
  • Michel Wolfgang,Wolfgang Michel-Zaitsu,ミヒェル ヴォルフガング,ヴォルフガング・ミヒェル
  • MINIKOMI 62(4), 13-24, 2001-04
  • NAID 120000986865

関連リンク

朝日日本歴史人物事典 栗崎道喜(初代)の用語解説 - 江戸前期の外科医。肥後国栗崎 村(宇土市栗崎町)生まれ。幼名は歌之助,名は正元。幼くして長崎に出,南蛮人によって 海外(マカオともルソンともいわれる)に連れ去られ外科術を修得。のち帰国して長崎で ...
デジタル版 日本人名大辞典+Plus 栗崎道喜(2代)の用語解説 - 1622-1698 江戸時代 前期の医師。 元和(げんな)8年生まれ。初代栗崎道喜の長男。父にまなび,父が口述 した外科の奥義をまとめる。寛文6年(1666)越前(えちぜん)福井藩主松平光通につかえ, ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡