栗山孝庵

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/20 21:44:03」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 医者も知りたい【医者のはなし】(第44回)日本最初の女体解剖を行った萩藩医 栗山孝庵献臣(1728-1791)
  • 栗山孝庵と杉田玄白及び小田野直武 (第75回日本医史学会総会・第16回蘭学資料研究会大会研究発表合同集会一般講演抄録)

関連リンク

栗山 孝庵(くりやま こうあん、享保16年(1731年) - 寛政3年11月15日(1791年12月 10日))は、江戸時代の医師。名は以直、字は文仲。 山脇東洋の高弟で、長州藩7代 藩主毛利重就、8代藩主の毛利治親の侍医を務めた。山脇東洋の蔵志に影響され、宝 暦8 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡