柵状配列

出典: meddic


palisading

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多発脳神経麻痺で発症したMPO-ANCA陽性Wegener肉芽腫症の1例
  • 海野 聡子,水野 智之,武田 克彦,井上 寧,望月 太一,佐藤 哲夫,林 和,北山 康彦
  • 国際医療福祉大学紀要 16(1/2), 47-53, 2011-08-31
  • … 胸部多発結節影の生検にて,地図状壊死と組織球の柵状配列,多核巨細胞を伴う肉芽腫性炎を認め,Wegener肉芽腫と診断。 …
  • NAID 110008609669
  • 基底細胞癌様構築を伴った眼瞼外脂腺癌の1例
  • 並木 剛,三浦 圭子,高橋 英至,加藤 恒平,西澤 綾,佐藤 貴浩,横関 博雄
  • Skin Cancer 26(2), 170-173, 2011
  • … もう一方では小型の類円形細胞が柵状配列を伴って小型の腫瘍胞巣を形成し線維性の間質を介して散在している。 …
  • NAID 130001480080

関連リンク

柵状配列 神経鞘腫(強拡大像)、アントニーA型:腫瘍細胞の走行に直角に核が並んだ柵状配列(矢印)がみられる。 画像をクリックすると拡大表示されます。 Copyright(c) 1997 愛知学院大学歯学部 病理学講座 ...
リステリア属 6種類くらいいるけどヒトに病原性を示すのはL.monocytogenesちゃんだよ 人獣共通感染症の一つ グラム陽性の短桿菌であり,芽胞や莢膜は作らない 37 の培養では鞭毛を作らないが,20-25 の培養では通常4本の周毛性鞭毛 ...

関連画像

 にみられる柵状配列の模式図 の核とその柵状配列に注意 柵状配列を示す核がみられる柵状配列→粘液産生が著明 柵状配列の僕 my palisading


★リンクテーブル★
関連記事配列」「」「柵状

配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();

列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、

柵状」

  [★]

palisadepalisaded



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡