架橋襞

出典: meddic

bridging fold
粘膜下腫瘍胃粘膜下腫瘍
[show details]


関連リンク

症例は64歳の男性で,嚥下時のつかえ感を自覚し,前医にて上部消化管内視鏡検査を施行したところ中下部食道左壁を中心に架橋襞を伴う正常粘膜に覆われた平滑な腫瘤を認め,食道粘膜下腫瘍が疑われた.内視鏡下針生検では食道 ...
架橋襞 かきょうひだ 解剖 Brooke ileostomy ブルック回腸瘻 ぶるっくかいちょうろう 治療 brushing cytology 擦過細胞診 さっかさいぼうしん 検査 budding 出芽 しゅつが その他 budding 簇出 ぞくしゅつ その他 bulkage 膨張性薬剤 ぼうち 薬剤 ...

関連画像

疾患のなりたちや治療法から  の長さの架橋ポリエチレン管を小陰唇縮小 小陰唇切除 膣縮小


★リンクテーブル★
先読み粘膜下腫瘍」「胃粘膜下腫瘍
関連記事架橋

粘膜下腫瘍」

  [★]

submucosal tumor
消化管粘膜下腫瘍胃粘膜下腫瘍

概念

  • 主病変が粘膜下層以下に存在する隆起病変の総称

分類

  • 非上皮病変
  • GISTCD34(+), c-Kit(+)   →   粘膜下腫瘍の中で最多である。
  • 筋原性腫瘍:平滑筋腫、平滑筋肉腫、類上皮平滑筋肉腫:smooth muscle actin(+), desmin(+)
  • 神経原性腫瘍:神経鞘腫、神経線維腫:S-100(+)
  • 上皮性病変
  • 炎症性病変
  • 効酸球性肉芽腫

形態的特徴

  • Delle デレ
  • なだらかな陰影の移行(造影、X線透視)、なだらかな隆起の移行(内視鏡)
  • bridging fold(ヒダが腫瘤をよけない)
  • 粘膜表面に異常は認められない(圧排が強くなれば何らかの影響はある、と思う)

参考

  • 1.
[display]http://www.cancernetwork.com/gastrointestinal-stromal-tumor/content/article/10162/35555


胃粘膜下腫瘍」

  [★]

gastric submucosal tumor, submucosal tumor of the stomach
粘膜下腫瘍

分類

組織型による分類

SSUR.504
  • 上皮性
  • 非上皮性





架橋」

  [★]

crosslinkingcrossbridgecrosslinkagecrosslinkbridgecross-linked
架橋反応クロスクロスリンキングブリッジ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡