東戸塚記念病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 東戸塚記念病院

url

理念

  • 患者さまの意志を尊重した患者中心の医療を行うとともに、私たち職員全員は患者さまが「安全」と「安心」と「満足」を得られるようなチーム医療を実践します。 また、患者さまや医療チームやメンバーとの出会いをとおして、私たちも幸福で豊かな人間としての成長をしていきます。

住所

  • 244-0801 横浜市戸塚区品濃町548-7

診療の特徴、実績

  • 当院は開設以来”患者さま中心の医療”を基本理念とし、地域医療を行っています。特に、急性期疾患の病院として横浜西部地区の二次救急を日夜担当しております。診療科は10科ですが、地域の需要に合わせた診療体制をとり、連携の取れたチーム医療及び地域連携を行っています。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 189.6人

一日平均外来患者数

  • 546.8人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 0件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/2回

当院の救急医療の特徴

  • 救急告知病院として内科系、外科系の24時間体制を取っています。地域医療として、一次救急から二次救急を行っています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/整形外科/脳神経外科/形成外科/泌尿器科

一日平均救急外来患者数

  • 28.5人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 8.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 6人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 2回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院は昭和63年に開院し、約20年間に亘り横浜西南部の救急および地域医療を担っています。横浜駅から電車で約10分の東戸塚駅より徒歩5分と交通の便が良く、周辺地域は横浜そして東京のベットタウンとして未だに人口が増加しています。  研修医の皆さんにとってこの2年間は医師として成長する極めて大切な訓練の期間と考えます。専門分野を修練する大学病院や専門病院と異なり、当院は現場の医療の実践を学ぶ研修の場として非常に適している施設と言えます。  ベッド数は292床、診療科10科。2004年度より臨床研修を行っています。大規模で多数の研修医のいる病院と違い、各診療科間の連絡も良くアットホームな雰囲気の中、各科研修指導医のもと内容の濃い研修が出来ます。また、日本医科大学、昭和大学からの派遣医も在籍しており、大学病院の様子も分かると思います。  平成22年度からの臨床研修プログラムの変更に伴い、当院の平成22年度の臨床研修プログラムは初年度に内科必修6ヶ月、救急必修3ヶ月と選択必修3ヶ月(外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・形成外科・循環器科のうち2-3科)を予定。二年次は地域医療必修1ヶ月の選択科目の予定です。選択科目は当院の診療科はもちろん、協力病院として横浜旭中央総合病院・新横浜母と子の病院・板橋中央総合病院・江田記念病院と日本医科大学付属病院など多数の施設と相互関係にあり、貴重な経験を積めます。  また学術活動としては多数の臨床研修病院と年2回の臨床研修発表会を行っています。この発表会により他病院の研修医と親交・交流を深めています。  最近チーム医療の重要性が指摘されていますが、大病院では各科の垣根を越えただけ、つまり医師間のみのチームの事がありますが、当院では医師間は勿論、様々な職種を越えたチーム医療を行っています。医師は病院組織の中枢であり、その重要性をチーム医療を通じて確認、肝に銘じて医師としての道を歩んで下さい。 元気なやる気のある研修医の皆さんの応募をお待ちしています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 東戸塚記念病院は、病床数292床の管理型臨床研修病院で、地域の基幹病院として様々なcommon diseaseを経験することができ、臨床医に求められる態度、技術および知識を学ぶことができます。また、臨床研修病院としては比較的小規模ですが、大規模な病院にはないメリットがあります。一つは、科ごとの垣根が低く、コンサルトや指導をお願いしやすい雰囲気があることです。積極精を出せば研修医にも色々なことをやらせてくださり、異なる診療科をまわっている時でも勉強になるような症例があればその場に呼んで指導していただけたりもします。また、医師だけでなくコメディカルの方々とも、頻繁にある飲み会(自由参加)や病院の部活動でも交流を深めることができ、日常の診療においても連携がとりやすくなり、チーム医療の大切さを身をもって知ることができます。これまでこの病院での臨床検証で様々な知識や手技を学んできましたが、何よりも楽しく研修生活が送れています。あなたも医師としての第一歩をこの病院から踏み出してみませんか?

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脛骨骨幹部開放骨折 Gustilo-IIIa に対し extra-articular technique を用い semiextended position により治療を行った1症例
  • 安田 知弘,小原 周,山口 正哉,相楽 光利,渥美 敬,山崎 謙
  • 関東整形災害外科学会雑誌 43(5), 398-402, 2012-10-01
  • NAID 10031117712
  • SF-021-5 心停止ドナーからの肝移植に対する臓器保存液の開発と復温式持続灌流保存の研究(SF-021 サージカルフォーラム(21)移植,第112回日本外科学会定期学術集会)
  • 松野 直徒,重田 隆信,金澤 寛之,福田 晃也,田中 秀明,阪本 靖介,笠原 群生,上本 伸二,絵野沢 伸
  • 日本外科学会雑誌 113(臨時増刊号_2), 312, 2012-03-05
  • NAID 110009547999
  • DPC対象一般病院における麻酔科管理症例のこの10年間の変遷
  • 杉本 季久造,望月 功,横尾 香代子,小河原 美代子,島田 洋一
  • 日本手術医学会誌 = Journal of Japanese Association for Operating Room Technology 33(1), 35-36, 2012-02-29
  • NAID 10030287502

関連リンク

東戸塚記念病院はJR東戸塚駅徒歩5分の場所にある総合病院です。特に急性期疾患 の病院として、地域にお住まいの皆さまの二次救急を日夜担当させて頂いております。 救急患者さまからのお問い合わせは24時間受付ております。
外来診察について. 初診の方へ: 初診受付 について 当院で初めて受診される方、他の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡