末端ヌクレオチド付加酵素

出典: meddic

terminal deoxynucleotidyl transferaseTdT
ターミナルヌクレオチドトランスフェラーゼヌクレオチドトランスフェラーゼ末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド転移酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

産総研では、鋳型を用いないで定まった塩基配列を持つRNA鎖を合成する酵素、すなわち鋳型非依存的なRNA合成酵素の研究をしている。 これまでに、tRNAの3’末端に普遍的に存在するCCA配列を鋳型なしで合成する酵素 ...
問:DNAポリメラーゼは鋳型DNA鎖上のRNAプライマーの末端3’OH基にヌクレオチドを付加する酵素である。 解説では「正」となっていましたが、「誤」ですよね?

関連画像

CCA付加酵素と末端に変異を導入 Patent DrawingPatent Drawingしかしながら、ポリA付加酵素 CCA付加酵素によるC付加反応と  付加酵素(GTPを伴う開いた型


★リンクテーブル★
先読みTdT」「terminal deoxynucleotidyl transferase
リンク元デオキシヌクレオチド転移酵素」「ヌクレオチドトランスフェラーゼ」「DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ」「ターミナルヌクレオチドトランスフェラーゼ」「末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼ
関連記事酵素」「ヌクレオチド」「末端」「」「ヌクレオチド付加酵素

TdT」

  [★] ターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ terminal deoxynucleotidyl transferase


terminal deoxynucleotidyl transferase」

  [★] ターミナルデオキシヌクレオチジルトランスフェラーゼ TdT


デオキシヌクレオチド転移酵素」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase、deoxynucleotidyltransferase
末端ヌクレオチド付加酵素ヌクレオチドトランスフェラーゼヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ

ヌクレオチドトランスフェラーゼ」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase
末端ヌクレオチド付加酵素ヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチド転移酵素DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ


DNAヌクレオチジルエキソトランスフェラーゼ」

  [★]

DNA nucleotidylexotransferase
末端ヌクレオチド付加酵素ヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド転移酵素

ターミナルヌクレオチドトランスフェラーゼ」

  [★]

terminal deoxynucleotidyl transferaseTdT
末端ヌクレオチド付加酵素末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼ


末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼ」

  [★]

terminal deoxynucleotidyl transferase
末端ヌクレオチド付加酵素ターミナルヌクレオチドトランスフェラーゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





ヌクレオチド」

  [★]

nucleotide
ヌクレオチド
  • 核酸塩基+糖+リン酸
  • ヌクレオシドの糖の部分に1個以上のリン酸基がエステル結合した物質

生合成

  • De novo pathway
アミノプテリンが途中の合成系路を阻害する ← モノクローナル抗体の作成における選抜に利用される (関:HAT培地)
  • Salvage pathway]
  • 2通りの経路がある
  • 1. thymidine→…→nucleptode
thymidine kinase(TK)が触媒
hupoxanthine guanine phosphoribosyl transferase(HGPRT)が関与


末端」

  [★]

endterminalextremitydistalterminally
終わる終わり遠位遠位性遠心性きわみ最後四肢終端終末終了ターミナル末期目標末端側

端」

  [★]

endsideextremitycornerbrink
終わる終わりきわみ四肢終了側面末端目標コーナーサイド


ヌクレオチド付加酵素」

  [★]

deoxynucleotidyl transferase
ヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチドトランスフェラーゼデオキシヌクレオチド付加酵素デオキシヌクレオチド転移酵素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡