未熟児

出典: meddic

preterm infantpremature infantpremature babyimmature infant
foetus immaturus
早産児未成熟児早生児低出生体重児 low birth weight infant
  • 学術用語ではない。
  • 2,500g未満の低出生体重児を、俗に未熟児と呼んでいる。




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/01 20:46:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重症未熟児網膜症に対してベバシズマブ硝子体注射と網膜光凝固を併用した2症例 (特集 第68回日本臨床眼科学会講演集(4))
  • 山内 悠也,松本 直,片山 雄治 [他]
  • 臨床眼科 69(6), 891-894, 2015-06
  • NAID 40020504502
  • 第80回東京女子医科大学学会総会シンポジウム「東京女子医大 小児医療の最前線!-"なおらない"から"なおる"へ-」Part 1 (2)こどもの心臓病のカテーテル治療
  • 杉山 央
  • 東京女子医科大学雑誌 85(2), 44-49, 2015-04-25
  • … 動脈管開存に関しては、未熟児PDAをのぞくと、ほぼカテーテルで治療可能であり、小さい動脈管にはコイル、やや太いPDAにはAmplatzer duct occluderが使用される。 …
  • NAID 110009900091
  • 未熟児網膜症 (特集 早産児と母乳) -- (母乳の合併症抑制効果に関するエビデンス)

関連リンク

未熟児(みじゅくじ)とは、早産などで出生時の体重が2500g未満の低出生体重児のこと である。しかし、妊娠高血圧症候群による子宮内発育遅延の場合など、出生体重が 小さくても在胎週数が長い場合、出生した児は「未熟」とはいえない。「未熟」というために は ...
出生体重別には. 2500g未満の赤ちゃんを, 低出生体重児, または, 未熟児. 1500g未満 の赤ちゃんを, 極低出生体重児, または, 極小未熟児. 1000g未満の赤ちゃんを, 超低 出生体重児, または, 超未熟児. と呼びます。

関連画像

黄疸 という のは 名前 の 湖南 省 の 小児 病院 に 体重 未熟児 だった こ もも は こんな画像がハワイから 入院 て いる 奥さん から 超 未熟児 の 赤ちゃん に は


★リンクテーブル★
先読み低出生体重児」「low birth weight infant
国試過去問099D017」「107G005」「103B002」「081A061」「080C020
リンク元脳性麻痺」「ニューモシスチス肺炎」「呼吸窮迫症候群」「早産児」「prematurity
拡張検索未熟児動脈管開存症」「未熟児くる病」「未熟児代謝性骨疾患
関連記事未熟

低出生体重児」

  [★]

low birth weight infant LBWI
低出産体重児
低出生体重出生体重
  • 出生体重:2,500g以下

届出

  • 低体重児の届出:母子保健法:保護者が乳児の現在地の都道府県、保健所を設置する市又は特別区に速やかに届け出る。

参考

  • 1. 低出生体重児出生率増加の背景 大正大学人間学部、子ども家庭総合研究所 中村 敬
[display]http://ksan05.web.fc2.com/works/lbw01.pdf
  • 2. 平成22年度 人口動態統計特殊報告 > 出生に関する統計 > 年度次 > 2010年度 - 政府統計の総合窓口 GL08020103
[show details]
  • 18 出生数,出生時の体重;出生時の平均体重 1),母の年齢(5歳階級)・性・単産-複産 2) ・年次別 -昭和50・60・平成7・17~21年-
[display]http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000004016776&releaseCount=1



low birth weight infant」

  [★]

low birth weight


099D017」

  [★]

  • 母子保健について正しいのはどれか。
  • a. 妊娠の届出には医師の証明が必要である。
  • b. 出生の届出は出生後1週以内に行わなければならない。
  • c. 我が国の乳児死亡率は約3(出生千対)である。
  • d. 育成医療未熟児に対して行われる事業である。
  • e. 3歳児の健康診査は保健所で行われる。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D016]←[国試_099]→[099D018

107G005」

  [★]

  • 母子保健法による母子保健事業として行われていないのはどれか。
  • a 母子健康手帳の交付
  • b 乳児医療の公費による助成
  • c 未熟児訪問指導
  • d 1歳6か月児健康診査
  • e 3歳児健康診査


[正答]


※国試ナビ4※ 107G004]←[国試_107]→[107G006

103B002」

  [★]

  • 公費医療の対象とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103B001]←[国試_103]→[103B003

081A061」

  [★]

  • 正しいのは?

080C020」

  [★]

  • 適切な組み合わせ、3つ。

脳性麻痺」

  [★]

cerebral palsy, CP
脳性小児麻痺 cerebral infantile palsy脳原性麻痺脳性マヒ

定義

  • 「受胎から新生児までの間に生じた脳の非進行性病変に基づく、永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発現する。進行性疾患や一過性運動障害、または将来正常化するであろうと思われる運動発達遅延は除外する」(厚生省脳性麻痺研究班(1968))
  • てんかんや精神遅滞などの随伴症状があってもよい。

疫学

  • 1000生出産に対して2 (PED.1462)

主要な原因

PED.1462
  • 周生期の仮死:胎生期仮死51%、出生児仮死40%、出生後仮死9%
  • 4. 低出生体重児:超低出生体重児の3歳時の脳性麻痺発生率は16.3%、らしい。

分類

  • 原因:重症仮死、広範な脳障害
  • 原因:一側半球の血管障害,
  • 原因:核黄疸(間脳障害)、周産期仮死。周産期(65-85%)
  • 原因:小脳障害
  • 6. 混合型脳性麻痺

参考

uptodate

  • 1. [charged] 脳性麻痺の臨床的特徴 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 脳性麻痺の疫学および病因 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 脳性麻痺の診断 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 脳性麻痺の管理および予後 - uptodate [4]

国試


CP
-cerebral palsy


ニューモシスチス肺炎」

  [★]

pneumocystis pneumonia, pneumocystis jirovecii pneumonia pneumocystis jirovecn pneumonia
カリニ肺炎 carinii pneumoniaPneumocystis肺炎
ニューモシスチス・カリニ肺炎 pneumocystis carinii pneumonia PCPニューモシスチス・カリニ肺炎ニューモシステイスカリニ肺炎
ニューモシスチス症 pneumocystosis

病原体

病因

  • CD4+リンパ球が200/μ以下の患者に発生する
IMD.1083
  • 剖検例で悪性リンパ腫の1/4、成人T細胞白血病の1/10、全身性エリテマトーデスの1/20 に認められる。
  • AIDSに高率に合併。

リスク因子

非HIV

  • 別の易感染性の原因を有するグルココルチコイド投与患者
  • 他の免疫抑制薬
  • 細胞性免疫不全
  • 悪性腫瘍(特に造血系悪性腫瘍)
  • 造血幹細胞移植(HCT、特にallogeneic HCT)
  • 固形臓器の臓器移植
  • 拒絶反応に対する治療
  • 炎症状態に対する治療(例えば、多発血管炎を伴う肉芽腫症など(ウェゲナー肉芽腫症)
  • 重症の低栄養(特に低蛋白)
  • 一次性免疫不全(特に重症複合免疫不全)
  • 未熟児


症状

  • 乾性咳嗽、発熱、呼吸困難

検査

  • 末梢血液検査:リンパ球数減少。
  • 胸部X線検査:肺門から両肺野にかけて微細な網状から索状影を認め、徐々にすりガラス様陰影となる。
  • 呼吸機能検査:PaO2 が基準値の 1/2~1/3 に低下。PaCO2 は上昇することもある。
  • (USMLE:first aid step1 2006 p.147)
  • diagnosed by lung biopsy or lavage
  • identified by methenamine silver stain of lung tissue

胸部X線写真

  • 両側性に肺門から末梢に拡がる間質性陰影


治療

予後

  • 無治療の場合、ほぼ死亡
  • HIV患者よりも非HIV患者の方が致死率が高い。

国試




呼吸窮迫症候群」

  [★]

respiratory distress syndrome, RDS
呼吸促迫症候群
新生児呼吸窮迫症候群 infantile neonatal respiratory distress syndrome, IRDS
[[]]


概念

  • 出産直後から進行性の呼吸不全を起こす代表的疾患。
  • 胎児の未熟性(在胎34未満)による肺サーファクタントの産生障害により、肺胞の虚脱および硝子膜形成に基づく換気障害である。肺胞の拡張不全によりアシドーシスを来たし、肺血管の収縮により低酸素血症が悪化する。また、アシドーシス・肺血流減少、肺サーファクタント不足により肺胞上皮が障害をうけ、透過性の亢進により肺硝子膜が形成される。結果として呼吸不全となる。(SPE.99 NGY.503)

疫学

  • 未熟児早産児にみられる(34週以下に多い)
  • 未熟児、母体糖尿病児、帝王切開児に多い。 (QB.O-84)

症状

1-4が呼吸窮迫症候群の四徴とされる

検査

胸部単純X線写真

SPE.101
Bomsel分類:I~IV度で判定。IV度は真っ白で無気肺が認められる
  • 肺胞の拡張不全
  • 網状顆粒状陰影:空気の入っていない肺胞が黒く見える
  • 気管支透亮像
  • すりガラス状陰影
呼吸窮迫症候群 肺胞の拡張不全、網状顆粒状陰影、気管支透亮像、すりガラス状陰影
一過性多呼吸 肺野全体の透亮像低下(呼吸窮迫症候群より軽度)、肺尖部の高透過性
胎便吸引症候群 胎便による全肺野の炎症像(斑状、まだら状の不透亮像)

肺サーファクタント

診断

  • 臨床症状
  • 胸部X線

治療





早産児」

  [★]

premature infant
胎児の発育・新生児の生理と適応
未熟児早生児

定義

  • 早産児 :22週以降-37週未満

合併症

G10M.133
  • 早産による
  • 子宮内感染による胎児感染やFIRS ← 羊膜絨毛膜炎により前期破水、早産となったと考えられる。胎齢32週未満に起こりやすい


prematurity」

  [★]

  • n.
premature babypremature infantunfamiliarity


未熟児動脈管開存症」

  [★]

patent ductus arteriosus in premature infants, patent ductus arteriosus due to prematurity
動脈管開存症 PDA



未熟児くる病」

  [★]

rickets of prematurity, rickets in premmature infants
くる病、早産児くる病 rickets of preterm infant


未熟児代謝性骨疾患」

  [★]

metabolic bone disease in premature infant, MBD
代謝性骨疾患

未熟」

  [★]

immatureprematureuntrainedprematurelyimmaturity
成熟前早熟性早発早発性中途未成熟早まって未訓練




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡