有窓膜

出典: meddic

fenestrated membrane
血管
  • 弾性動脈の中膜に存在。輪走する平滑筋層と有窓膜が交互に重なり、40-70層の層を作る。


和文文献

  • 動脈壁の有窓膜(弾性板)に関する知見補遺

関連リンク

世界大百科事典 第2版 有窓膜の用語解説 - 後者の場合をとくに弾性膜elastic membraneとよぶ。弾性膜は繊維の不規則な集まりであるためにあなが多く有窓膜とよぶこともある。とくに血管壁ではこの状態をとる。...
立体的には弾性線維により硬性された板状の構造で、有窓 弾性板とも呼ばれる。 つまり、中膜は弾性板と平滑筋を交互に積み重ね、丸めて菅状にしたもの。 上下異なる2層の平滑筋は、有窓弾性板の穴を介して連絡する。 筋型動脈の中 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み血管
関連記事

血管」

  [★]

blood vessel, blood vessels
  • 図:M.28

構造

  • 内皮細胞(単層扁平上皮細胞)
  • 基底板
  • 内皮下結合組織(内皮下層 subendothelial layer):疎性結合組織、縦走平滑筋
  • 内弾性板
  • 結合組織に移行

動脈 内膜 中膜 外膜
弾性血管 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
不完全な内弾性板
40-70層の有窓性弾性板
弾性板の間に存在する平滑筋細胞
薄い弾性板
外半分には脈管栄養細胞が分布
線維・弾性結合組織
脈管栄養血管
リンパ管
神経細胞
筋性動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層(少数の線維芽細胞、散在する平滑筋細胞膠原線維)
厚い内弾性板
40層に及ぶ平滑筋細胞層
厚い外弾性板
薄い線維・弾性結合組織
脈管栄養血管は著明でない
リンパ管
神経線維
細動脈 内皮細胞(ワイベル・パラーデ小体を含む)
基底板
内皮下層:目立たない
内弾性板はなく、弾性線維がある
1-2層の平滑筋細胞 疎性結合組織
神経線維

分類



膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡