有機溶剤中毒予防規則

出典: meddic

法令有機溶剤中毒労働安全衛生法

尿中代謝物の検査が必要な物質


第六章 健康診断


(健康診断)

第29条

  •  令第二十二条第一項第六号の厚生労働省令で定める業務は、屋内作業場等(第三種有機溶剤等にあつては、タンク等の内部に限る。)における有機溶剤業務のうち、第三条第一項の場合における同項の業務以外の業務とする。
  • 2 事業者は、前項の業務に常時従事する労働者に対し、雇入れの際、当該業務ヘの配置替えの際及びその後六月以内ごとに一回、定期に、次の項目について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 一 業務の経歴の調査
  • 二 有機溶剤による健康障害の既往歴並びに自覚症状及び他覚症状の既往歴の調査、別表の下欄に掲げる項目(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査に限る。)についての既往の検査結果の調査並びに第四号、別表の下欄(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査を除く。)及び第五項第二号から第五号までに掲げる項目についての既往の異常所見の有無の調査
  • 三 有機溶剤による自覚症状又は他覚症状と通常認められる症状の有無の検査
  • 四 尿中の蛋白の有無の検査
  • 3 事業者は、前項に規定するもののほか、第一項の業務で別表の上欄に掲げる有機溶剤等に係るものに常時従事する労働者に対し、雇入れの際、当該業務への配置替えの際及びその後六月以内ごとに一回、定期に、別表の上欄に掲げる有機溶剤等の区分に応じ、同表の下欄に掲げる項目について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 4 前項の健康診断(定期のものに限る。)は、前回の健康診断において別表の下欄に掲げる項目(尿中の有機溶剤の代謝物の量の検査に限る。)について健康診断を受けた者については、医師が必要でないと認めるときは、同項の規定にかかわらず、当該項目を省略することができる。
  • 5 事業者は、第二項の労働者で医師が必要と認めるものについては、第二項及び第三項の規定により健康診断を行わなければならない項目のほか、次の項目の全部又は一部について医師による健康診断を行わなければならない。
  • 一 作業条件の調査
  • 二 貧血検査
  • 三 肝機能検査
  • 四 腎機能検査(尿中の蛋白の有無の検査を除く。)
  • 五 神経内科学的検査


(健康診断の結果)

第30条

  •  事業者は、前条第二項、第三項又は第五項の健康診断(法第六十六条第五項ただし書の場合における当該労働者が受けた健康診断を含む。次条において「有機溶剤等健康診断」という。)の結果に基づき、有機溶剤等健康診断個人票(様式第三号)を作成し、これを五年間保存しなければならない。


(健康診断の結果についての医師からの意見聴取)

第30条の二

  •  有機溶剤等健康診断の結果に基づく法第六十六条の四の規定による医師からの意見聴取は、次に定めるところにより行わなければならない。
  • 一 有機溶剤等健康診断が行われた日(法第六十六条第五項ただし書の場合にあつては、当該労働者が健康診断の結果を証明する書面を事業者に提出した日)から三月以内に行うこと。
  • 二 聴取した医師の意見を有機溶剤等健康診断個人票に記載すること。


(健康診断の結果の通知)

第30条の二の二

  •  事業者は、第二十九条第二項、第三項又は第五項の健康診断を受けた労働者に対し、遅滞なく、当該健康診断の結果を通知しなければならない。


(健康診断結果報告)

第30条の三

  •  事業者は、第二十九条第二項、第三項又は第五項の健康診断(定期のものに限る。)を行つたときは、遅滞なく、有機溶剤等健康診断結果報告書(様式第三号の二)を所轄労働基準監督署長に提出しなければならない。


(緊急診断)

第30条の四

  •  事業者は、労働者が有機溶剤により著しく汚染され、又はこれを多量に吸入したときは、速やかに、当該労働者に医師による診察又は処置を受けさせなければならない。


法令

  • 有機溶剤中毒予防規則(昭和四十七年九月三十日労働省令第三十六号)
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S47/S47F04101000036.html



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/02/13 17:47:27」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 安全衛生史の現場(3)ヘップサンダル事件 「有機溶剤中毒予防規則」と「家内労働法」へ
  • 久谷 譽四郎
  • 働く人の安全と健康 56(3), 274-277, 2005-03
  • NAID 40006650762
  • 厚生労働省令で認めるプッシュプル型換気装置とは : 有機溶剤中毒予防規則
  • 小堀 衛,輿 重治
  • 空気清浄 = JOURNAL OF JAPAN AIR CLEANING ASSOCIATION 42(4), 219-225, 2004-11-30
  • NAID 10014240228
  • 混合有機溶剤作業における労働衛生管理のための気液平衡の推算
  • 石田尾 徹,石松 維世,保利 一
  • 産業医科大学雑誌 26(3), 327-335, 2004-09-01
  • … の一つであるUNIFAC (Universal Quasichemical Functional Group Activity Coefficient)式を用いて混合有機溶剤の液組成から蒸気組成を推算する方法について検討した.まず,UNIFAC式のグループ間相互作用パラメータの値を有機溶剤中毒予防規則に定められている第1種,第2種有機溶剤について整理した.また,2〜4成分が含まれている市販シンナーの気液平衡関係について,文献値と推算値とを比較した.これらの結果より,使用する溶剤の成分およ …
  • NAID 110001259698
  • 有機溶剤作業における労働衛生管理のための気液平衡推算法の開発
  • 石田尾 徹,渋川 典子,石松 維世,保利 一
  • 産業医科大学雑誌 24(1), 108, 2002-03-01
  • … 今回、有機溶剤中毒予防規則に定められている有機溶剤のうち、UNIFAC式のパラメータが決定されていないものに対して、最小二乗法によりパラメータを決定したので報告する。 … 【結果と考察】有機溶剤中毒予防規則に定められている第1種、第2種有機溶剤について、UNIFAC式のグループ相互作用パラメータをまとめたところ12個の組合せの未知パラメータが存在した。 …
  • NAID 110001260226

関連リンク

労働安全衛生法 (昭和四十七年法律第五十七号)及び労働安全衛生法施行令 (昭和四十七年政令第三百十八号)の規定に基づき、並びに同法 を実施するため、有機溶剤中毒予防規則を次のように定める。 第一章 総則(第一条―第 ...
Q:1分当りの換気量(立方メートル) W:作業時間1時間に消費する有機溶剤等の量(グラム) 換気装置の稼動 (省略) (4)管理 有機溶剤作業主任者 (1) 有機溶剤作業主任者技能講習会を修了した者のうちから、有機溶剤作業 ...
有機溶剤中毒予防規則の最新の条文(法文)を掲載しています。有機溶剤中毒予防規則とはどのような内容かについてご確認いただけます。(昭47省04101000036)

関連画像

有機溶剤中毒予防規則の解説有機溶剤中毒予防規則 関連  分かる有機溶剤中毒予防規則有機溶剤関係標識板 有機溶剤 有機溶剤使用注意事項 有機溶剤中毒予防規則一部適用


★リンクテーブル★
先読み法令
リンク元健康診断」「スチレン」「トルエン」「メチルイソブチルケトン」「トリクロロエチレン
関連記事中毒」「有機溶剤」「予防」「溶剤」「有機

法令」

  [★]

ordinance
  • 法律と命令。地方公共団体の条例・規則や裁判所の規則などを含めていうこともある。

参考

  • 1. 法令データ検索システム
[display]http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

健康診断」

  [★]

health examination, health testing
検診
  • 目的:現在の健康状態を把握する
  • 内容:種々の測定や検査を行い、全体的な健康状態を把握する
  • 一般健康診断
  • 雇い入れ時の健康診断
  • 定期健康診断
  • 特定業務従事者の健康診断
  • 海外派遣労働者の健康診断
  • 結核健康診断
  • 給食従業員の検便
  • 特殊健康診断

参考

  • 1. 健康診断について - 茨城産業保健推進センター
[display]http://www.ibaraki-sanpo.jp/publicity/material/ishikaihou/H1901.html


スチレン」

  [★]

styrene
スチロール styrolフェニルエチレン phenylethylene、ビニルベンゼン vinylbenzene
有機溶剤中毒予防規則マンデル酸スチレン中毒
  • ベンゼンの-Hを-CH=CH2で置換した構造

参考

  • 1. 化学物質の初期リスク評価書Ver. 1.0No.52スチレン - NITE-化学物質管理分野
[display]http://www.safe.nite.go.jp/management/data/52/initrisk.html



トルエン」

  [★]

toluene
トルオール toluol
トルエン中毒シンナー中毒シンナー
  • ベンゼンのH-をCH3-で置換した物質
  • 構造式:C6H5CH3


法令


メチルイソブチルケトン」

  [★]

methyl isobutyl ketone, MIBK
イソブチルメチルケトン isobutyl methyl ketoneイソプロピルアセトン isopropylacetone
有機溶剤中毒予防規則


トリクロロエチレン」

  [★]

trichloroethylene
トリクロロエテン trichloroethene、トリクレン trichlene
トリクロロエチレン中毒有機溶剤中毒予防規則



中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




有機溶剤」

  [★]

organic solvent
有機溶媒


有機溶剤の物性

  • 脂溶性
  • 麻酔作用・脱脂作用と関連
  • 引火性、爆発性
  • 引火、爆発しやすい
  • 揮発性
  • 経気道暴露量に関連
  • 比重
  • 空気より重い

毒性

  • 構造非特異的毒性
  • 麻酔作用
  • 皮膚の脱脂作用
  • 構造特異的毒性

予防」

  [★]

preventionprophylaxispreventiveprophylacticprecautionary
阻止防止予防性予防的予防法予防薬予防手段

分類


溶剤」

  [★]

solventflux
フラックス融剤溶解剤溶媒流動流束ソルベント

有機」

  [★]

organicorgano
有機物器質性器質的有機的オルガノ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡