有か無の法則

出典: meddic

 =all-or-none law, all or none law  SP.53,177, PT.23,24  膜電位をいったん閾膜電位まで持って行くと、刺激電流を止めても活動電位は中止されず、一定経過の電位変化が起こる。これを活動電位発生の全か無の法則という。

 

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

↑ 電 位 の 大 き さ →
でも、“無”から“有”が生まれるなんてことを認めてしまったら、それこそ物理の法則なんて成り立たなくなってしまうんじゃないか。佐藤勝彦さん、科学はこれをどう説明する ...

関連画像

全か無かの法則伝わり方にも特徴がある。: 藁 伝わり方にも特徴がある。: 藁 http://blogs.yahoo.co.jp/yuyamichidori 第4項 全か無かの法則ニューロンの興奮 : 自宅で学ぶ


★リンクテーブル★
関連記事」「法則

無」

  [★]

ゼロヌル何も~ない皆無


法則」

  [★]

rule
規定ルール規則






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡