最早発性痴呆

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

認知症(痴呆症)と診断される6~7年前から色々な初期症状が始まる事が多い。 初期には、車の運転や金の計算などは出来るのに、少し前の事を忘れるのが特徴。この物忘れは初期段階では本人も自覚している。だから、病院でも先生 ...
脳血管性の認知症です。アルツハイマー型認知症の次に多い認知症です。男性に多くみられるタイプの認知症です。 これは脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化症などで神経細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その部分の神経細胞が死んで ...
アルツハイマー型認知症に次いで多いとされる「脳血管性認知症」を特集しています。 ... 脳血管性認知症は脳血管障害の発作に伴って発症するため、発作が繰り返されるたびに病状が段階的に悪化していくという経過を辿ります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事早発性」「早発

早発性」

  [★]

prematureprecociousearly-onset
成熟前早期発症早期発症型、早熟、早熟性早成早発中途未熟

早発」

  [★]

premature
成熟前早熟性早発性中途未熟




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡