最小反応量

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タクロリムス軟膏外用が奏効した慢性光線性皮膚炎の1例

関連リンク

人での最少反応量(minimal response dose; MRD)は約10〜 15J/cm2であり,それ以下の照射量で24〜72時間後に紅斑な どの異常反応がみられた場合は光線過敏を疑う. 可視光線に対する光線過敏症は,慢性光線性皮膚炎や晩発 ...
用量反応関係 読み仮名 ヨウリョウハンノウカンケイ 分野名 基礎 用語解説 【概要】 ... 最小有効量あるいは最小治療量: 薬理効果あるいは治療効果が期待できる最小の量 (3) 50%有効量あるいは50%治療量: 一群の動物のうち50%に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元MRD
関連記事」「反応」「最小」「反応量

MRD」

  [★]

minimal residual disease


量」

  [★]

amountvolumecontentquantity
含有量含量体積達する容積内容物内容ボリューム

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



最小」

  [★]

minimumminimalminimally
極小最小限最小値

反応量」

  [★]

reacting dose, RD
50%致死量




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡