時間薬理学

出典: meddic

chronopharmacology


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 時間薬理学の分子基盤 : 時計遺伝子欠損マウスの解析から見えるもの
  • 症例報告 カルボシステイン(ムコダイン)による多発性固定薬疹の小児例
  • 福田 英嗣,宇佐美 奈央,佐藤 八千代 [他]
  • 臨床皮膚科 65(8), 585-588, 2011-07-00
  • NAID 40018921144
  • 時間薬理学とはなにか
  • 大戸 茂弘,小柳 悟,松永 直哉
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 137(3), 115-119, 2011-03-01
  • … さらなる充実を図るには,個体間変動のみならず個体内変動に着目した研究の充実は必至である.こうした状況の中で,投薬時刻や投薬タイミングにより薬の効き方が大きく異なることがわかってきた(時間薬理学:chronopharmacology).また薬の効き方を決定する薬の体内での動き方や薬に対する生体の感じ方も生体リズムの影響を受ける.従って投薬タイミングを考慮することにより医薬品の有効性や安全性を高める …
  • NAID 10029417270

関連リンク

メインページへ クロノセラピー Chronotherapy 生体の生理機能や整理活動は昼夜常に同じ状態を保っているわけではなく、ほぼ1日を周期として変動する概日リズム(サーカディアンリズム)が存在します。 例えば、気管支喘息患者の ...
時間薬理学では、体内リズムに合わせた至適投薬スケジュールの構築などを目指す研究を行います。 そのためには、体内リズム・生体リズムについての理解が必要です。 生体リズム 私たちは朝目覚めて生活を開始し、夜暗くなれば睡眠 ...
内容(「BOOK」データベースより)わが国においても、時間生物学は農学、生物学、生理学、代謝などの領域で数十年前より研究課題となってきている。最近では、生体リズムのメカニズムに対する中枢機構やホルモンの時間生物学的研究や ...

関連画像

時間薬理学」が拓く新しい 南山堂|薬理学|医科薬理学体内時計を中心として、栄養が 休み時間の薬理学 第2版 獣医薬理学―獣医学教育モデル 早寝・早起き、朝ご飯 ( その他


★リンクテーブル★
関連記事薬理学」「時間」「薬理

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


時間」

  [★]

期間時期瞬間モーメント~倍の


薬理」

  [★]

pharmacology
薬品作用学薬理学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡