時間的微分作用

出典: meddic

time differential

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

2011年10月29日 ... システム内の状態量は時間とともに変化しうるのだが、それを時間的にならしてみると、 実際の変化は可能な変化に比べて ... 地球環境や人間社会システムのふるまいを科学 的に理解しようとする活動のうちでも、微分的な量の間の相互作用を ...
相互作用の摂動に現れる時間依存性は時間経過とともに増大するものであり、充分な 時間が経. 過すると摂動論が破綻することを意味する。相互作用に微分結合を含まない 模型については各次. 数での leading な寄与を足し上げ、非摂動的に赤外効果を扱う ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事作用」「時間」「時間的

作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例

時間」

  [★]

期間時期瞬間モーメント~倍の

時間的」

  [★]

temporal
側頭側頭部耳側



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡