星状体微小管

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

微小管(びしょうかん、英: microtubule、マイクロチューブル)は、細胞中に見いだされる 直径約 25 nm の管状の構造であり、主にチューブリンと呼ばれるタンパク質からなる。 細胞骨格の一種。細胞分裂の際に形成される分裂装置(星状体・紡錘体・染色体を ...
微小管の重合・伸長を抑制する脱重合剤を用いて細胞を処理し、一旦微小管を消失させ た後、この脱重合剤を除去すると、新しい微小管は中心体から伸長して星状体を形成 した後、さらに伸長を続け、細胞全域と広がっていく。このことから、中心体が微小管 形成 ...

関連画像

分裂期における紡錘体の配置 前期.jpg分裂期における紡錘体の配置  微小管 は 動原体 微小管 とよ


★リンクテーブル★
関連記事」「微小管」「小管」「星状」「微小

管」

  [★]

ducttubecanalpipe
ductusvasmeatus
水路チューブ導管道管卵管


微小管」

  [★]

microtubule
microtubulus
微細管微細小管
細胞チューブリン



小管」

  [★]

canaliculuscanaliculicanalicularductular
管状細管


星状」

  [★]

stellateasteroidastral
星状体小惑星

微小」

  [★]

microminiature
マイクロミクロ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡