明順応

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/18 23:28:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 〈原著〉杆体・錐体自動視野計の試作と臨床応用
  • 近畿大学医学雑誌 = Medical journal of Kinki University 39(1-2), 49-68, 2014-06-01
  • NAID 120005736716
  • 明所視力が良好な緑内障患者の暗所視機能について
  • 照度変化が障害物回避時の歩行戦略に及ぼす影響

関連リンク

暗順応. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. 暗順応( あんじゅんのう)とは、可視光量の多い環境から少ない環境へ急激に変化した場合に、 時間経過とともに徐々に視力が確保される、動物の自律機能である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元light adaptation」「視覚順応
関連記事順応

light adaptation」

  [★]

  • 明順応
ocular adaptationphotopic


視覚順応」

  [★]

ocular adaptation
明順応

順応」

  [★]

adaptation, acclimatization
環境順化、環境馴化、適応








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡