明細胞性棘細胞腫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 明細胞性棘細胞腫の臨床病理学的検討
  • 安齋 眞一,阿南 隆,福本 隆也 [他]
  • 臨床皮膚科 68(3), 201-206, 2014-03
  • NAID 40020010692

関連リンク

明細胞成分に中等度の核異質と核分裂を示す腺線維腫性腫瘍。全明細胞腫瘍(良性・境界悪性・悪性)のうち5~8%がこの境界悪性の明細胞腫瘍とのこと。平均発症年齢は62歳とわりと高齢。両側発生は稀とのこと。 境界悪性明細胞腫瘍 ...
A.表皮系腫瘍 385 21 病理所見 基底細胞および有棘細胞の表皮内増殖が認められ,上方に盛 り上がりながら増殖する(外方増殖性病巣).増殖する細胞の 比率は多種多様.個々の増殖細胞に異形成は認められず,さま

関連画像

棘 細胞 癌 有 棘 細胞 癌 有 棘 棘 細胞 癌 有 棘 細胞 癌 有 棘 作成 たらお皮膚科有棘細胞癌

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事」「細胞性」「細胞」「明細胞

腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物


細胞性」

  [★]

cellularitycellularcell-mediated
細胞


細胞」

  [★]

cell
cellula




明細胞」

  [★]

clear cell
淡明細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡