明石市立市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 明石市立市民病院

url

理念

  • 明石市立市民病院は、患者中心の安全で高度な医療を提供し、市民の生命と健康を守り、市民からの信頼に応えます。

住所

  • 673-8501 明石市鷹匠町1番33号

診療の特徴、実績

  • ・明石市の基幹病院として安全で高度な医療を提供する。・急性期医療及び二次救急医療を提供する。・小児科病棟を持つ病院として小児・周産期医療にも力を入れている。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 225.1人

一日平均外来患者数

  • 802.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.9日/0.0日

年間分娩件数

  • 3件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 15件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/6回

当院の救急医療の特徴

  • 当院は、救急告示病院としての機能はもとより、明石市二次病院群輪番制、東播磨地区小児二次救急輪番制、明石市消防署救急救命士に対する特定指示業務を分担するなど、明石市の救急医療の基幹病院としての機能を果たしています。また、兵庫県災害支援病院としても位置づけられています。当院の救急患者数は年間約7700人、救急車搬入件数1600台です。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全診療科

一日平均救急外来患者数

  • 12.9人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 3.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 32人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 4回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 救急外来にて内科系当直医・外科系当直医・副直研修医が初期対応し全科のオンコール体制でバックアップすることを基本としています。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 明石はいいところですよ。自然の浜で海水浴もできるし、病院の隣は県立明石公園で桜の名所でもあります。また、最寄の明石駅から神戸三宮まで電車で15分、大阪梅田まで35分と交通の便利なところです。病院は398床で研修病院として大きいとはいえませんが、様々な背景を持った多くの患者さんが毎日外来受診あるいは入院されます。症例数も多くスタッフも研修医教育に熱意を持っています。研修は「受ける」ものではなく「自分で行う」ものです。そのための環境を明石市立市民病院は十分に提供します。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 明石市立市民病院は県立明石公園に隣接する明石市の中核病院です。規模は398床で、ほぼ全科がそろっており、急性期から慢性期疾患、あるいはcommon diseaseからrare diseaseまで幅広く経験することができます。救急外来では一次から二次までの救急を、明石市はもちろん神戸市からも受け入れており、様々な疾患の初期治療を経験できることも当院の特徴の一つです。私が当院を希望した理由は、前述したように救急外来を幅広く経験したかったからです。研修病院を選ぶ際は、見学に来た時に周りのスタッフから受ける第一印象も重要な要素ではないかと思います。初期研修は自分ひとりでできるものではありません。指導医はもちろん看護師やco-medicalスタッフの支援があってこそ充実した研修が行えると思います。当院では病院見学を随時受け入れています。一度自分の目で確かめに来てください。あなたを温かく受け入れる準備は整っています。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/05/12 22:02:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 小児に発生した声門下顆粒細胞腫例
  • 大村 学,辻川 敬裕,渡邉 大樹,四ノ宮 隆,柴田 敏章,馬場 均,高原 哲夫,久 育男
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(10), 715-719, 2011-10-01
  • We report a rare pediatric case of granular cell tumor (GCT) arising from the subglottis. A 10-year-old boy seen for hoarseness was found in flexible fiberscopic examination to have a submucosal mass …
  • NAID 10029659210

関連リンク

明石市立市民病院は、「患者さん中心の安全で高度な医療を提供し、市民の生命と健康を守り、市民からの信頼に応えます」という基本理念のもと、救急医療や地域医療機関との連携に力を入れています。
明石市立市民病院は、「患者さん中心の安全で高度な医療を提供し、市民の生命と健康を守り、市民からの信頼に応えます」という基本理念のもと、救急医療や地域医療機関との連携に力を入れています。

関連画像

行政法人 明石市立市民病院  人明石市立市民病院について どうなる?明石市立市民病院 明石市立市民病院店


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡