昇圧薬

出典: meddic

pressor, pressor drug, hypertensive drug, hypertensor, vasopressor
血圧上昇薬抗低血圧薬 antihypotensive低血圧症治療薬 antihypotensive drug
血管収縮薬心血管作用薬



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ショックに対する昇圧薬・強心薬の使用 : 敗血症性ショックを例に (特集 目指せ! ICUにおける薬物治療の標準化 : 自信と根拠をもって実践するために)
  • 月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly 58(11), 2481-2485, 2016-08
  • NAID 40020926272
  • 昇圧薬 (特集 あらゆる薬剤の投与方法がバッチリわかる! 透析中の薬剤投与のきほん)
  • もうビクビクしない! Dr.さぬきレクチャー しっかりじっくり薬剤ばなし(第6話)蘇生薬と昇圧薬
  • OPE nursing = オペナーシング : the Japanese journal of operating room nursing 31(6), 619-625, 2016-06
  • NAID 40020838956

関連リンク

Vol.3 No.12 2010/12 レジデント 7 1. 昇圧薬 アドレナリン アドレナリンはカテコールアミンの各受容体に作用し,強 心作用,昇圧作用を期待して使用される.即効性があり, β2受容体への作用を有し,気管支拡張作用,散瞳,血糖上
一般名 商品名 参考 ノルアドレナリン ノルアドレナリン 1回0.1~1mg(皮下注 1回1mg/250mL点滴静注(0.5~1mL/分) 血管を収縮させる作用がとくに強い 主にα受容体を刺激する ドパミン塩酸塩が無効で低血圧状態に使用。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みvasopressor
国試過去問104H038」「096C009」「105H036」「108D042」「103E062」「107D038」「096D020」「098D019」「097F019」「102A056」「103H012」「098H080
リンク元血管収縮薬」「pressor」「vasopressor agent」「昇圧性」「血管作動薬
拡張検索血管収縮昇圧薬
関連記事」「昇圧

vasopressor」

  [★]

pressorvasoconstrictingvasoconstrictivevasocontractile

WordNet   license wordnet

「any agent that produces vasoconstriction and a rise in blood pressure (usually understood as increased arterial pressure)」

104H038」

  [★]

  • 次の文を読み、37、38の問いに答えよ。
  • 68歳の女性。交通事故のため搬入された。
  • 現病歴:夫の運転する乗用車の助手席に座っていた。黄信号で交差点に進入したところ、右折してきた対向車と衝突した。シートベルトは着用していなかった。右胸部痛を訴えている。搬送中に静脈路が確保された。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現 症:意識は清明。脈拍 112/分、整。血圧 90/60mmHg。眼球結膜に異常を認めない。頚静脈怒張冷汗とを認める。心音は微弱。右肺野呼吸音を聴取しない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球 380万、Hb 10.0g/dl、Ht 35%、白血球 8,500、血小板 30万。血液生化学所見:血糖 82mg/dl、総蛋白 6.2g/dl アルブミン 3.4g/dl、尿素窒素 12mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、AST 35IU/l, ALT 18IU/l、LD 176IU/l(基準176-353)、ALP 233IU/l(基準115-359)、Na 138mEq/l、K 4.3mEq/l、Cl 99mEq/l。胸部エックス線写真(別冊No.6)を別に示す。


  • 処置としてまず行うのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104H037]←[国試_104]→[104I001

096C009」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 36歳の女性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 5年前に心電図で左室肥大を指摘されたが、無症状のため放置していた。3か月前から労作時の息切れを自覚していたが、最近、夜間に呼吸困難発作が生じるようになった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長161cm、体重56kg。呼吸数16/分。脈拍86/分、整。血圧104/72mmHg。頚静脈は軽度怒張し、胸部では心尖拍動が左方に偏位し、その部位にIII音と汎収縮期雑音とを聴取する。呼吸音に異常はない。肝を右肋骨弓下に2cm触知し、両側下腿前面に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球385万、Hb12.1g/dl、白血球4,600。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.3g/dl、クレアチニン0.7mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST(GOT)48単位(基準40以下)、ALT(GPT)56単位(基準35以下)、CK28単位(基準10~40)。心エコーの左室長軸断層像(別冊No.2)を別に示す。
  • この患者の治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 096C008]←[国試_096]→[096C010

105H036」

  [★]

  • 次の文を読み、35、36の同いに答えよ。
  • 27歳の男性。突然の胸背部痛のため搬入された。
  • 現病歴  車の運転中、激烈な胸痛を突然自覚し、その後、背部にも痛みを伴うようになった。症状が改善しなかったため直ちに救急車を要請した。
  • 既往歴  18歳時に気胸。
  • 家族歴  母親が38歳時に突然死。
  • 現症   意識は清明。身長183cm、体重62kg。呼吸数20/分。脈拍96/分、整。血圧102/60 mmHg。頚静脈の怒張を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、拍動性腫瘤を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 490万、Hb 14.2g/dl、Ht 40%、白血球 9,900,血小板 22万。血液生化学所見:血糖 96mg/dl、総蛋白 7.4g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 14mg/dl、クレアチニン 0.8mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、AST 24IU/l、ALT 17IU/l。心電図で異常を認めない。内頚静脈から中心静脈カテーテルを挿入した後に撮影した胸部造影CT(別冊No.5)を別に示す。
  • 適切な治療はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105H035]←[国試_105]→[105H037

108D042」

  [★]

  • 42歳の女性。 2日間の咽頭痛と 40℃の発熱を主訴に来院した。 2か月前に甲状腺機能亢進症と診断され、チアマゾール 30 mg/日を 1か月前から内服している。身長 155 cm、体重 45 kg。体温 40.2 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 106/68 mmHg。呼吸数40/分。 SpO2 98% ( room air)。両側の頸部に圧痛を伴う径 1~ 2 cmのリンパ節を数個触知する。咽頭の著しい発赤と腫脹を認める。血液所見:赤血球 468万、 Hb 13.9g/dl、Ht 42%、網赤血球 6%、白血球 1,300(桿状核好中球 0%、分葉核好中球 0%、単球 1%、リンパ球 99% )、血小板 21万。血液生化学所見: TSH 0.03μU/ml未満(基準 0.2~4.0)、 FT3 4.0 pg/ml(基準 2.5~4.5)、 FT4 1.1 ng/dl(基準 0.8~2.2)。 CRP 26 mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 抗菌薬の投与とともに行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108D041]←[国試_108]→[108D043

103E062」

  [★]

  • 次の文を読み、62~64の問いに答えよ。
  • 30歳の男性。交通事故のため搬入された。乗用車を運転中、急停止した大型トラックに追突し、腹部をハンドルで強打した。
  • 既往歴・家族歴 : 特記すべきことはない。
  • 現 症 : 意識は清明。身長173cm、体重68kg。体温37.8℃。呼吸数30/分。脈拍116/分、整。血圧 106/64mmHg。顔面は蒼白。上腹部に圧痛を認める。右前腕に腫脹を認める。
  • 検査所見 :血液所見:赤血球350万、Hb11.6g/dl、Ht39%、白血球 10,200、血小板 15万。血液生化学所見:血糖 110mg/dl、総蛋白 6.0g/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST 23 IU/l、ALT 16 IU/l、LD 252 IU/l(基準176~353)、ALP 230 IU/l(基準115~359)。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.42、PaO2 68 Torr、PaCO2 32 Torr。
  • 直ちに行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E061]←[国試_103]→[103E063

107D038」

  [★]

  • 38歳の女性。発熱咽頭痛とを主訴に来院した。10日前に38℃の発熱と咽頭痛のため自宅近くの診療所を受診したところ、「風邪でしょう」と言われ、消炎鎮痛薬を処方され3日間内服した。一旦症状は軽快したものの、昨日から強い咽頭痛と39℃の発熱とが出現した。血圧110/80mmHg。咽頭発赤と両側の扁桃腫大とを認める。呼吸音に異常を認めない。腹部に圧痛を認めない。血液所見:赤血球430万、Hb 14.8g/dl、Ht 45%、白血球1,100(桿状核好中球6%、分葉核好中球12%、好酸球5%、単球6%、リンパ球71%)、血小板25万。
  • まず行うべき対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107D037]←[国試_107]→[107D039

096D020」

  [★]

  • 64歳の男性。労作時の息切れと胸部圧迫感とを訴え来院した。以前から心電図異常を指摘されていたが精査は受けていない。呼吸数18/分。脈拍72/分、整。血圧130/80mmHg。頚静脈の怒張はない。収縮期雑音とIV音とを聴取する。肺野にラ音を聴取しない。下腿に浮腫を認めない。心エコーの左室長軸断層像と僧帽弁のMモード像とを以下に示す。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096D019]←[国試_096]→[096D021

098D019」

  [★]

  • 1歳3か月の男児。心雑音とチアノーゼとを主訴に入院した。
  • 生後3か月ころからチアノーゼが目立つようになり、啼泣時にぐったりすることがあった。
  • 身長78cm、体重9kg。脈拍112/分、整。前胸部に3/6度の収縮期雑音を聴取する。赤血球450万、Hb12.5g/dl。
  • 心エコー図を以下に示す。
  • 適切な治療法はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 098D018]←[国試_098]→[098D020

097F019」

  [★]

  • 65歳の女性。突然発症した左前胸部痛と呼吸困難とを訴えて来院した。来院時、呼吸数32/分。脈拍116/分、整。血圧92/58mmHg。顔貌は苦悶様である。左胸部で呼吸音は聴取されない。胸部エックス写真を以下に示す。
  • この患者の治療で最も重要なのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097F018]←[国試_097]→[097F020

102A056」

  [★]

  • 23歳の男性。仕事中に突然の胸痛を発症し、次第に呼吸困難を生じたため搬入された。不隠状態である。呼吸数36/分。脈拍112/分、整。血圧94/60mmHg。胸部エックス線写真を以下に示す。
  • まず行うのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 102A055]←[国試_102]→[102A057

103H012」

  [★]

  • 植物状態患者の生命維持に最低限必要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H011]←[国試_103]→[103H013

098H080」

  [★]

  • 樟脳の誤飲に対する正しい処置はどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 098H079]←[国試_098]→[098I001

血管収縮薬」

  [★]

vasoconstrictor
昇圧薬血管収縮剤血管作動薬


  • α1アドレナリン性作用薬
  • バソプレシン受容体作用薬


pressor」

  [★]

  • 昇圧性の、昇圧昇圧薬
hypertensorvasopressorvasopressor agent

WordNet   license wordnet

「increasing (or tending to increase) blood pressure; "pressor reflexes"」


vasopressor agent」

  [★]

hypertensorpressorvasoactive agonistvasoconstrictorvasoconstrictor agent

昇圧性」

  [★]

pressorvasopressor
血管収縮性昇圧昇圧剤昇圧薬

血管作動薬」

  [★]

vasoactive agonist
血管刺激薬血管収縮薬昇圧薬


血管収縮昇圧薬」

  [★]

血管収縮薬 vasoconstrictor


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


昇圧」

  [★]

vasopressorpressor
血管収縮性昇圧剤昇圧性昇圧薬



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡