昇圧物質

出典: meddic

和文文献

  • レニン–アンジオテンシン系と血圧調節
  • イルベサルタン/アムロジピン配合錠(アイミクス^【○!R】配合錠) の薬理作用および臨床効果
  • 日本薬理學雜誌 = Folia pharmacologica Japonica 142(1), 39-46, 2013-07-01
  • NAID 10031185427

関連リンク

カリウムは不要なナトリウムの排出を促します。また、血管拡張作用や昇圧物質のレニンの分泌を抑える働きなどによって、血圧を下げる効果があります。 キニン・プロスタグランディン キニンには血管拡張作用があり 、血圧を ...
Moncadaだけでなく、Furchgott↑やIgnarro↑やSalvador Enrique Moncada(1944/12/3〜, 1936/9/14〜, ロンドン大学、ウェルカム研究所の薬理学者)もそれぞれ独自に、EDRFと一酸化窒素が同じ物質であることを決定づけた。 これら3人の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事物質」「昇圧」「

物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス


昇圧」

  [★]

vasopressorpressor
血管収縮性昇圧剤昇圧性昇圧薬


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡