昇圧中枢

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

【背景】カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)は中枢神経内に多く分布していることが知られているが、その生理作用、特に循環制御に関しては明らかにされていない。【目的】本研究は圧受容器反射の中枢性メカニズムにおけるCGRPの ...
正しいのはどれか。 (1)延髄には、血圧調節の中枢がある。 (2)心臓への流入血液量が増えると、心収縮力が低... 、尿細管からのNa排泄を促進して循環血液量を減少させる。アンギオテンシンなど種々の昇圧因子に対する拮抗作用も ...

関連画像

ディレグラ配合錠の作用機序昇圧いらいの別所線の中枢 図-6植物名:Angelica dahurica 静的筋収縮時の過剰昇圧応答血管運動反射は頸動脈洞の圧受


★リンクテーブル★
関連記事中枢」「昇圧

中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢



昇圧」

  [★]

vasopressorpressor
血管収縮性昇圧剤昇圧性昇圧薬




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡