旭川赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 旭川赤十字病院

url

理念

  • 赤十字の基本理念に基づき、個人の尊厳および権利を尊重し、質の高い医療を提供します。

住所

  • 〒070-8530 旭川市曙1条1丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • 旭川赤十字病院の圏域は旭川市を含む1市8町(人口約41万人)にまたがり、北海道のほぼ中央に位置している。その中で当院は“救命救急センター”を併設し、道北地区救命救急の中核病院として24時間その使命を果たすとともに、“地域医療支援病院”として近隣医療機関との円滑な連携により地域に密着した医療を提供している。 さらに平成21年10月から道北ドクターヘリの基地病院として、北は稚内から東は遠・紋地区に加えて4つの離島を含む広い範囲において超急性期医療を提供している。 また赤十字社は国際的救護組織として誕生して以来、戦時平時を問わず人類の苦痛を軽減することを使命として幅広い活動を行っているが、当院も災害時には救護班を出動するなど救護活動を行ってきた実績がある。 平成22年には救命救急センターを中心とした病院の全面改築が完了した。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 416.4人

一日平均外来患者数

  • 922.6人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.0日/25.1日

年間分娩件数

  • 17件(平成21年1月?21年12月実績)

年間剖検件数

  • 4件(平成21年1月?21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 救命救急センターには、救急車が1日平均13台以上、年間救急搬送患者数は4500名以上で、質・量ともに道内トップクラスの救急症例が経験できる。当院救命救急センターは病院併設型で、全科が24時間オンコール待機体制をとっている。従って、2年間の研修期間中どの科で研修していても、急性期の症例について豊富な臨床経験を積むことができる。救命センターにおいては複数科にまたがる症例が多数あり、他科の医師との共同による診断、治療の実際を学ぶことができる。当直は指導医と共におこなうが、その際興味ある症例があれば、指導医の許可を得て当直業務を離れ、例えば緊急手術にそのまま入って研修することもできる。これは必修および選択科目のみでは履修できない疾患・病態を経験する機会を作るために策定したシステムである。またICUやHCUにおいては、人工呼吸管理、急性血液浄化、PCPSなど最先端の治療が行われている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科系/外科系/麻酔科/小児科系/眼科/耳鼻咽喉科/泌尿器科/口腔外科

一日平均救急外来患者数

  • 23.4人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 10.7人(平成21年1月?平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 165人(平成21年1月?平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 約3回

当直手当

  • 有り(1年次:10000円/回、2年次:10700円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 日直または当直

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • はじめまして学生の皆さん、教育研修センターの渡邉です。専門は救急・麻酔です。私の役割は、研修医の皆さんと各科指導医との間の連絡調整、各種勉強会のコーディネート等です。 救命救急センターにおいては、搬送されてきた救急症例の診療チームに加わりながら、研修医、医学生、救急救命士などの教育指導にあたっております。さらに、皆さんが研修中に直面する様々な困難や悩みを解決するお手伝いをすることで、研修に専念できる環境づくりに努めます。当院では、教育研修専従の私を中心に、各科指導医、看護部門、事務部門が密に連携をとり合うことで、研修医と病院との「顔の見える関係づくり」を心がけております。皆さんも、新しくなった救命救急センターで私と一緒に勉強をしましょう。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 皆さん初めまして。福岡県出身で将来脳神経外科を志すべく旭川赤十字病院の初期研修プログラムに応募しました黒川暢と申します。当病院の魅力は、道内屈指の救急症例数に裏付けられたprimary careと「匠の手=上山博康」をチーフとした日本のトップを走り続ける脳神経外科にあると思います。救急部での研修と日当直でのwalk in対応をこれほど多く経験出来る病院を自分は知りません。初期臨床研修制度の「各科の疾患をまんべんなく診る」という目的に最もかなった環境ではないでしょうか?将来の専門分野を固め目的意識がはっきりしている研修医にとっては、将来の医師としての道を方向付ける極めて重要な研修期間になると思います。僕達と力を合わせて有意義で実りのある研修生活を送ってみませんか?まずは実際に見学に来て自分の肌で旭川赤十字病院を感じ取って見て下さい。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/06 11:34:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 転倒・転落事故防止への旭川赤十字病院の取り組み : DVD視聴による転倒・転落事故減少効果の確認
  • 牧野 憲一
  • 患者安全推進ジャーナル (31), 36-39, 2013
  • NAID 40019722355
  • 3D-SSP法におけるSPECT装置別のノーマルデータベースの有用性
  • 大西 英雄,畑澤 順,中川原 譲二 [他],伊藤 健吾,河 相吉,増田 安彦,杉林 慶一,高橋 正昭,菊池 敬,勝田 昇
  • 日本放射線技術學會雜誌 68(12), 1608-1616, 2012-12-20
  • Purpose: The present study aims to quantitatively investigate a normal database (NDB) created under the same acquisition and reconstruction conditions for three gamma camera systems (four types of col …
  • NAID 10031131886

関連リンク

地域医療支援病院、旭川赤十字病院の公式ホームページです。
糖尿病・内分泌内科. 診療科の概要. 糖尿病・内分泌内科ではその名のとおり 糖尿病 ...

関連画像

 旭川赤十字病院 (北海道旭川市旭川赤十字病院 北海道旭川市旭川赤十字病院 様旭川赤十字病院



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3