早期静脈還流

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • カプセル内視鏡を契機に診断された大腸動静脈奇形の1例
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 54(2), 275-280, 2012-02-20
  • NAID 10030293744
  • 増大の経過を確認できた肝血管筋脂肪腫 (angiomyolipoma : AML) の1例
  • 日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology 105(9), 1375-1383, 2008-09-05
  • NAID 10022610788

関連リンク

2012年4月3日 作成 第1版 1 患者様の情報の研究利用についてのお知らせ 研究課題名:肝血管筋脂肪腫における早期高濃度静脈還流所見の臨床的意義の検討 実施責任者 慶應義塾大学医学部放射線診断科 谷本 伸弘 本研究の目的
様々な対処法がありますが、症状が重症化するほど完治が難しく、手術が主な対処法となるため、早期の治療および生活改善により、対処することが重要となります。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事静脈還流」「静脈」「早期」「還流

静脈還流」

  [★]

venous return
SP. 573
2007年後期生理学授業プリント

圧勾配 (2007年後期生理学授業プリント)

  • 細静脈内:約10 mmHg
  • 右心房 :0~-5 mmHg

促進因子 (SP.573)

  • 胸腔、腹腔のポンプ作用 (=呼吸ポンプ)
  • 胸膜腔は吸気時には大きく陰圧となり、下大静脈の内腔を拡張させる。腹部では横隔膜の下行および腹壁の張力により腹腔内圧が上昇し、下大静脈が圧迫される。下肢への血流は弁によって遮られるため静脈血は腹腔から胸腔に押し出される。呼気時には横隔膜が弛緩して胸膜腔が大気圧に近づく。腹腔の内圧は下がり、下肢からの血流が増加する。このように呼吸に伴う血流の促進作用を呼吸ポンプという。
  • 筋収縮のポンプ作用 (=筋ポンプ)
  • 下肢の静脈壁を膨らませて溜まり込んだ血管は、周囲の骨格筋が収縮すると絞り出され、弁の働きによって心臓方向のみ流れる。骨格筋の収縮に伴うこの作用を筋ポンプという。
  • 心臓による血液の吸引 (=心臓の吸引作用)



静脈」

  [★]

vein (Z)
vena


  • 毛細血管から発生した静脈血を心臓に送るために使われる血管。



早期」

  [★]

early stageearlypreterm
初期早産早く


還流」

  [★]

reflux
逆流




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡