日本赤十字社長崎原爆病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 日本赤十字社長崎原爆病院

url

理念

  • 【病院の理念】赤十字の使命のもとに、地域並びに被爆者の皆様へ良質な医療を提供します【病院の基本方針】1.高度で良質な医療を目指し診療の専門性を高めます2.被爆者の健康管理と診療の充実に努めます3.がん診療の拠点病院として医療の充実に努めます4.医療連携を促進し、救急医療をはじめ地域医療に取り組みます5.赤十字及び行政と連携して災害時の医療救護活動を行います6.教育実習病院として医療従事者の育成に努めます

住所

  • 〒852-8511 長崎市茂里町3-15

診療の特徴、実績

  • 当院は、原爆被爆者の医療・健康管理と赤十字病院としての社会的使命という2つの大きな役割を持っており、急性期疾患対応の地域中核病院として救急告示指定病院・輪番制第二次救急医療機関の役割を果たしているほか、地域がん診療連携拠点病院、臨床研修指定病院として地域医療や医療水準の向上に努めている。また、H18には標準的医療の推進を図るため包括算定(DPC)施行病院の指定、H19には看護配置基準7対1を認可、更にH21年1月より電子カルテシステムを導入し、患者誤認の防止、重複検査の防止、診療待ち時間の改善など鋭意医療の質の向上にも力を入れている。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 297.5人

一日平均外来患者数

  • 635.2人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.8日/0.0日

年間分娩件数

  • 56件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 21件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 救急告示病院、長崎市二次救急輪番病院であるため、年間約5,000名以上の救急患者を受け入れている。救急輪番日は実際に指導医のもとで救急業務に従事することにより、一次から三次相当までの幅広い救急疾患症例を経験することができる。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/整形外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/耳鼻咽喉科

一日平均救急外来患者数

  • 15.8人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 4.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 19人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(輪番日:37,500円/回、輪番日以外25,000円/回)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 2人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 3人

勤務体制

  • 輪番日は、内科系外科系指導医各1名のもとで、研修医内科系2名外科系1名の体制。輪番日が休日の場合は、昼夜交替勤務となる。輪番日以外は、内科系指導医1名のもとで研修医内科系1名の体制。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • (1)当院の研修ローテーションは、本人の希望に柔軟に対応しており、多数の症例を指導医の下で経験することができる。また、研修を通して医療人として必要な基本姿勢・態度を身に付けていただく。内科研修時には、受け持ち症例に偏りが出ないようプログラム責任者及び副プログラム責任者が一元的に管理している。(2)救急部門研修は、実際に指導医のもとで救急業務に従事することにより、一次から三次相当までの幅広い救急疾患症例を経験することができ、プライマリー医療の実践的教育を受けることができる。(3)各診療科カンファレンス、抄読会、剖検報告会、学会発表(プレゼン)予行練習、各種院内委員会への参加など教育研修も充実している。(4)初期研修後は、後期研修として総合内科、外科、麻酔科、呼吸器科、循環器・糖尿病、消化器科の5コースを準備している。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • ○中規模の市中病院のため、医局内が自由な雰囲気で各診療科間の垣根が低く、違う診療科にも気軽にコンサルトでき、小回りのきく働きやすい病院である。○救急部門研修では、ある程度研修医が主体性を持って対応できる。高度な対応が必要な場合は、当直指導医をはじめとしたスタッフがサポートしてくれる。○病院全体のイベント(スポーツ大会・院内旅行・ビアパーティ等)が年に数回程度あり、日常業務を円滑に進めるための一助となっている。○地理的に恵まれた場所に位置している。(長崎大学病院が近い)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/21 22:23:04」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹腔鏡下腸切除を行った肺癌大腸転移の1例
  • 中崎 隆行,濱崎 景子,福岡 秀敏,赤間 史隆,重松 和人
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 64(4), 235-239, 2011
  • 症例は,60歳男性.肺癌(stage IV)でフォロー中であったが,貧血の精査のため入院となった.大腸内視鏡検査にて上行結腸とS状結腸に径3cmの1型の腫瘍を認めた.貧血が進行するため腹腔鏡下にて結腸切除を行った.切除標本では上行結腸が28×25mm,S状結腸が28×23mmの1型の腫瘍であった.病理組織では以前の縦隔リンパ節生検と類似した大細胞癌の所見であった.免疫染色でCK7が陽性,CK20が …
  • NAID 130000662477

関連リンク

茂里町。外来・入院の診療科目と専門医の紹介、各種健康教室や健診メニューの案内。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事日本

日本」

  [★]

JapanJapanese
日本語日本人




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡