方形歯列弓

出典: meddic

square dental arch


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

下顎歯列弓の形態分類を行い, 各形態別の特徴ならびに分類基準を明らかにすることを目的として, 下顎歯列弓形態決定に影響を及ぼしている因子について検討した.大阪歯科大学口腔解剖学講座所蔵の歯列石膏平行模型396例中形態分類 ...
歯列弓の形態:V字型、鞍状、方形、狭窄歯列弓 3.機能所見 下顎位:早期接触による誘導、安静空隙 下顎運動:開口路、閉口路 顎関節 嚥下 発音 口呼吸 悪習癖 参考文献:歯科矯正学 第5版 医歯薬出版株式会社 <【診断学 2 ...
10. Dental Arch (歯列弓) a. 形態(大小、円形・方形・V字形、他左右差) b. Neutral Zone c. Thielmanの対角線の法則 a. 大小 無歯顎の場合上顎は頬側より骨吸収が起こり小さくなり...

関連画像

いずれにせよ、矯正歯科治療が イメージ 1治療経過:御覧下さいイメージ 2上顎に著しい鞍状歯列弓を伴う 最大開口度は3横指であるが


★リンクテーブル★
関連記事歯列弓」「方形」「歯列

歯列弓」

  [★]

dental arch
歯列不正歯列スピー彎曲



方形」

  [★]

rectangle
矩形四角形

歯列」

  [★]

dentition
生歯歯群




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡