方向固定性頭位眼振

出典: meddic


和文文献

  • 上部脳幹とくに中脳障害の神経耳科学的診断
  • 岩間 和生
  • 日本耳鼻咽喉科学会会報 74(10), 1417-1434, 1971
  • … なる.水平性自発眼振.注視不全麻痺性水平性眼振.電光眼運動.緊張性注視樫攣.緊張性輻躾痙攣.輻榛眼振.陥役腹振.輻輳麻痺.上眼瞼向き垂直性自発眼振.上方注視麻痺(Parinaud徴候).方向交代性上向ないし方向固定性頭位眼振.垂直ないし斜行性頭位変換眼振.視標追跡運動(eye-trackingmovement)の障G.視運動性眼振の解発搾制(水平,上眼瞼向き).これら諸症状の成圏について考察すると共に,鰻球運嚇機能と深い関係にある中脳障害の …
  • NAID 130000804786

関連リンク

【右後半規管型BPPV】 患側を下にした懸垂頭位への変換で、患側に 向かう回旋性眼振を認める。(懸垂頭位での回旋性眼振) 眼振消失後、坐位に戻すと逆向きの回旋性 眼振が出現する。
3)めまい発作時には自発及び頭位眼振検査で方向固定性水平性(時に水平・回旋混合性)眼振をみる。通常健側向きである。 4)神経学的検査で前庭神経以外の神経障害所見なし。 〔註〕1),2),3),4)の条件を認めた場合 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事眼振」「固定」「頭位」「方向」「定性

眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類




固定」

  [★]

fixationconsolidationclampfixfixed
鉗子強化クランプ硬化固定化固定法修復定型的圧密固視クレンメ



頭位」

  [★]

cephalic presentation of fetus




方向」

  [★]

directionway
指導方法向き

定性」

  [★]

qualitative
質的定性的性質上




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡