新生児低血糖症

出典: meddic

neonatal hypoglycemia, hypoglycemia of the newborn
hypoglycemia neonatorum

概念

  • 新生児の血糖値が下記にあてはまる場合。
  • 生後72時間以内:低出生体重児で20mg/dl以下、成熟児で30mg/dl以下
  • 72時間以後  :体重に関係なく40mg/dl以下
  • 正常な児では出生直後に血糖値80-100mg/dlを示す。
  • 臨床的には全血血糖値が40mg/dL未満で処置を開始。最近は60mg/dL未満で治療を開始する施設もある。

原因

SPE.127
  • 一過性
  • 糖貯蔵・供給不足
  • 糖利用増大

症状

SPE.128
  • けいれん、易刺激性(振戦)、異常啼泣(甲高い鳴き声 high-pitched cry)、嗜眠、筋緊張低下、哺乳力低下、嘔吐、無呼吸発作チアノーゼ、活動性低下、徐脈、心停止
→ 成人で見られる頻脈とか発汗は見られないみたい。自律神経が十分に発達していないせい?
|-矛盾している?
SPE.210
  • 定義:血糖40mg/dLの児(SPE.210)。(成熟新生児)生後72時間以内30mg/dL以下、以降40mg/dL以下(QB.O-105)。
  • 血糖40mg/dLの児を治療対象。40-50mg/dLは要注意 (SPE.210)
  • 症状:初期には交感神経亢進による症状(不安、苦悶、発汗、心悸亢進、顔面蒼白、振戦、脱力、空腹感、嘔気・嘔吐)、進行すると中枢神経症状(頭痛、めまい、視力障害、複視、構音障害、失語症、健忘症、集中力低下、運動失調、片麻痺、知覚障害、傾眠、嗜眠、昏睡、除脳硬直) (SPE.210)


脈拍数について

参考1に記載無し。

参考

  • 1. [charged]Neonatal hypoglycemia - uptodate[1]



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

  • 1. 新生児低血糖 neonatal hypoglycemia?detectedLanguage=ja&source=search_result&translation=neonatal+hypoglycemia&search=%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E7%97%87&selectedTitle=1%7E30&provider=medicamap
  • 2. 乳児および小児における低血糖に対するアプローチ approach to hypoglycemia in infants and children?detectedLanguage=ja&source=search_result&translation=neonatal+hypoglycemia&search=%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E7%97%87&selectedTitle=2%7E30&provider=medicamap
  • 3. SIDSを含む乳児の予期せぬ死亡:初期マネージメント sudden unexpected infant death including sids initial management?detectedLanguage=ja&source=search_result&translation=neonatal+hypoglycemia&search=%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E7%97%87&selectedTitle=3%7E30&provider=medicamap
  • 4. B型肝炎と妊娠 hepatitis b and pregnancy?detectedLanguage=ja&source=search_result&translation=neonatal+hypoglycemia&search=%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E7%97%87&selectedTitle=4%7E30&provider=medicamap
  • 5. 出生時の代謝性救急疾患 metabolic emergencies at birth?detectedLanguage=ja&source=search_result&translation=neonatal+hypoglycemia&search=%E6%96%B0%E7%94%9F%E5%85%90%E4%BD%8E%E8%A1%80%E7%B3%96%E7%97%87&selectedTitle=5%7E30&provider=medicamap

和文文献

  • 内分泌--新生児低血糖症 (NICU最前線 新人スタッフのためのベーシックレクチャー 図解入門 生理を学んで初めて分かる新生児の代表的疾患(後編))
  • 河井 昌彦
  • ネオネイタルケア 24(6), 578-583, 2011-06
  • NAID 40018888111
  • P-43 新生児低血糖症と Reversible posterior leukoencephalopathy syndrome
  • 大柳 玲嬉,柳内 聖香,若井 周治,森 俊彦
  • 日本てんかん学会プログラム・予稿集 (37), 170, 2003-10-30
  • NAID 110002696579
  • 症例 グルカゴン投与が著効した新生児低血糖症の1例
  • 菅野 普子,鈴村 宏,奥谷 真由子 [他]
  • 周産期医学 33(12), 1545-1548, 2003-12
  • NAID 40006046703
  • 新生児低血糖症の概念と定義 (特集 胎児・新生児と糖代謝)
  • 森岡 一朗,上谷 良行
  • 周産期医学 33(5), 586-588, 2003-05
  • NAID 40005825089

関連リンク

新生児低血糖症 新生児の低血糖とは 新生児期の血糖値は生理的に低く、在胎週数、生後日数および出生体重により異なるため、新生児低血糖症の詳細な定義はまだ確立されおらずいくつかの考え方があります。 生後72時間以内:低 ...
新生児の低血糖とは?原因や症状は?出生後に血糖値が下がるの? 2017年2月6日 こそだてハック 生まれたばかりの赤ちゃんに起こり得る症状のひとつに、血液中の糖分が少ない「低血糖」があります。新生児に低血糖が見られても ...
新生児の低血糖症は、一過性の低血糖と持続的な低血糖と大別。低血糖の検査は血中グルコース濃度の測定で、グルコースの経口・静脈投与を開始します。説

関連画像

早期新生児の低血糖症の原因 新生児低血糖症について妊娠中に高血糖が続くと?


★リンクテーブル★
国試過去問105E041
リンク元母体糖尿病」「糖尿病性巨大児」「甲高い鳴き声
関連記事新生児」「低血糖」「血糖」「

105E041」

  [★]

  • 生後2日の新生児。在胎31週、1,650gで出生した。Apgarスコア8点(1分)、9点(5分)。20-25秒間の無呼吸発作が数回みられ、発作時の心拍数は92-100/分であり、チアノーゼを認める。非発作時に明らかな異常を認めない。脳波に異常を認めない。血糖52mg/dl、血清電解質に異常を認めない。
  • 発作の病態として考えられるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E040]←[国試_105]→[105E042

母体糖尿病」

  [★]

糖尿病083A022妊娠糖尿病

母体糖尿病による先天奇形

PED.234
  • 母体糖尿病による先天奇形は発生の初期におこる
  • 若年糖尿病妊婦における先天奇形の発生率:10%  (一般人口の3倍のリスク)
  • 母体のHbA1cと先天奇形の発生率の間には相関関係がある。(HbA1c≧10%の群では奇形発生率が20%を超える)
  • 尾部退行症候群の発生率が高い。心奇形、中枢神経奇形、腎奇形が高頻度。


糖尿病性巨大児」

  [★]

diabetic giant baby diabetic giant infant
巨大児新生児低血糖症


甲高い鳴き声」

  [★]

high-pitched cry
異常啼泣
  • 新生児低血糖症


新生児」

  [★]

neonate
新産児 newborn
胎児 fetus,乳児 infant
neonatal, newborn, newborn animal, newborn infant

定義

  • 出生後28日未満の乳児
  • 早期新生児期:出生後1週未満
  • 後期新生児期:7日から28日未満

出生後にみとめられるもの

098G051
  • 吸啜反射:出生時より
  • 胎便:出生直後-3日頃
  • 生理的黄疸:出生後2-3日に出現。出生後4-6日にピーク   ←  出生時~出生後24時間内の黄疸は病的
  • 生理的体重減少:出生後3-4日で最大。
  • 臍帯の脱落:出生後5-7日

解剖

生理

腎機能

  • 尿量:1-2ml/kg/hr-

免疫

  • 細胞性免疫>液性免疫
  • 在胎26-33週に移行した母体のIgGによる受動免疫で感染から防御している。
  • 出生後5ヶ月で消失

血液

  • Ht:50-55%:生後細胞外液の喪失に伴い上昇、8日で生後の値にもどり、3ヶ月に最も低くなる。
  • Hb:17-19g/dL
  • 白血球:9,000-30,000/mm3
  • 血小板:10-28万/mm3 (SPE.74)

身体所見

身体の大きさ

QB.P-329
  • 前後径、肩幅:11cm
  • 大横径、小斜径、殿幅:9cm
  • 体重:3300g
  • 頭囲:33cm
  • 胸囲:33cm

正常なバイタルサインなど

呼吸器

SPE.78
  • 腹式呼吸
  • 呼吸数:40-50/分 (早産児ではこれより早く、5-10秒の呼吸停止を挟む呼吸)
  • 聴診:呼吸音は胸壁が薄いためよく聴取され、高調である。

経過観察できる所見

QB.O-76改変

診察箇所と疑われる疾患

SPE.77

出生体重による分類

  • 正出生体重児 normal birth weight infant :2500g以上、4000g未満
  • 低出生体重児 low birth weight infant : 2500g未満
  • 極低出生体重児 very low birth weight infant : 1500g未満
  • 超低出生体重児 extremely low birth weight infant : 1000g未満

身長、体重による区分

SPE.48
日本での定義/体重のみで評価
  • light for gestational age infant / light for dates infant : 体重が10パーセンタイル未満の児
  • apropriate for gestational age infant AGA infant : 体重が10パーセンタイル以上の児 かつ 体重が90パーセンタイル未満の児
  • heavy for gestational age infant :体重が90パーセンタイル以上の児
参考1
体重による評価
  • light for date LFD
  • appropriate for date AFD
  • hearve for date
参考1
身長と体重による評価
small for date SFD / small for gestational age SGA
large for date? LFD? / large for gestational age? LGA?

成熟新生児の身体所見

参考2 G10.M235 SPE.78 など
  • 頭部
  • 大泉門は開存(4x4cm)しており、小泉門は小さい
  • 産瘤(経腟分娩による場合)
  • 頭頂部方向に長く変形(児が後頭位であって、経腟分娩により出生した典型的な場合)
  • 骨重積(産瘤、頭部変形、骨重積は2日程度で戻る)(経腟分娩による場合)
  • 頭髪の長さは2cm前後
  • 耳介の巻き込み
  • 面疱は鼻に限局
  • 体幹
  • うぶ毛は背中、肩甲部に限局   ←  未成熟の場合、うぶ毛は多い
  • 皮膚は厚く、血管は透けない
  • 四肢
  • 足底にしわを認める   ←  未成熟の場合、しわは少ない
  • 四肢に浮腫を認めない
  • 関節屈曲部に胎脂が残る
  • 姿勢
  • 上下肢は屈曲位をとる
  • ホルモンの影響
  • 乳房組織を触れる
  • 大陰唇の発達

新生児と疾患

在胎週数と疾患

  • 早産時に多い
  • 正産児~過期産児

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 14.胎児発育・児体重推定 - 日産婦誌59巻6号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5906-168.pdf
  • 2.
[display]http://www.hogarakana.jp/study/index.php?ID=55

国試





低血糖」

  [★]

hypoglycemia
低血糖症低血糖発作 hypoglycemic episode血糖減少症
ウィップルの3主徴低血糖
[show details]

定義

  • 血糖値:
  • (成人の場合)50mg/dl以下 (IMD)  ← 文献によっては60mg/dl以下とも
  • (新生児・乳児) → 新生児低血糖症

PALS

  • 早期産・満期産の新生児: <45mg/dl
  • 乳児・小児・青少年  : <60mg/dl

症状

  • 交感神経症状:発汗、振戦、動悸、不安感
  • 中枢神経症状:判断力低下、眠気、意識障害、痙攣、昏睡

新生児・乳児の低血糖

新生児低血糖症 (SPE.127,210)

低血糖を引きおこす病態

DMR.295
  • 1. 各種ホルモン分泌不全

低血糖の鑑別方法

(書きかけ)




血糖」

  [★]

blood sugar BS
血中グルコース blood glucose血漿グルコース plasma glucose
糖血症血中ブドウ糖糖尿病


  • 絶食時:80-100mg/dL (4.4-5.6mM)
  • 食後 :150-160mg/dL (8.3-8.9mM)

血糖の指標


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡